デザイナーの将来の悩み

【イライラMAX】性格が悪いデザイナーと仕事をすると、大損する話。

投稿日:2018年11月24日 更新日:

ボクシング

 

デザイナーの対応・やり取りでイライラしている方へ。

 

「デザイナーに依頼したけど、対応が悪くて困っている」

「デザイナーとの上手な接し方を知りたい」

「良いビジネスパートナーになれる、デザイナーの探し方を教えて欲しい!」

 

こういった疑問・要望にお答えします。

 

※この記事は3分ほどで読み終わります。

読み終えるころには、デザイナーに対する不満が解消されるはず(`・ω・´)ゞ

 

本記事の内容

1:性格が悪いデザイナーの「原因」とは。

2:コミュ力が低い、性格が悪いデザイナーは、将来貧乏になります。

3:性格が悪いと感じるデザイナーをビジネスパートナーにすると、大損します。

4:失敗しないデザイナーの探し方を紹介。

 

こんにちは!takaです。

グラフィックデザイナー・クリエイティブディレクター歴12年。

毎月40〜50万くらい稼ぎつつ、フリーランスとして生きてます。

 

今回のお話は、「性格の悪いデザイナー」について。

 

僕は今、デザイナーとして活動していますが、12年前まではデザインとは無縁の人間でした。

 

そして、そんな僕がこの業界に入って一番苦労したのが、デザイナーと呼ばれる人たちとの「接し方」でした。

 

元がデザイン業界外の人間なので、

個性の強いデザイナーとのやりとりは本当に苦労していました(笑

 

なので、「デザイナーに依頼している方」や「プライベートで付き合いがある方」は、デザイナーとのやり取りに苦労しているんじゃないかな。と思います。

 

今回は、元は一般サラリーマンだった僕が、

「性格が悪いデザイナーの対処法と、腕がいいデザイナーの見つけ方を解説していきます。

 

1:【超客観的に語る】性格が悪いデザイナーの「原因」とは。

デザイナー

 

性格が悪いデザイナーには、下記の4つに当てはまる場合が多いです。

 

1:コミュニケーションが苦手

2:物事を深く考えることがクセになってる。

3:世の中のクライアントを敵対視している。

4:クライアントへのヒアリングが下手。

 

一つずつ解説します。

 

■性格が悪い原因1:コミュニケーションが苦手。

 

この手のデザイナーは、けっこう多いです。

 

多い理由もシンプル。

 

・デザイナーになった人の中には、「人と話すのが苦手だから」という理由が、わりと多い。

 

こんなかんじ。

 

もちろん、「デザインやクリエイティブなことが好きだから」という理由が大半です。

 

しかし中には、「人とのコミュニケーションが苦手」という方も、わりといます。

 

なので、性格が普通でも、コミュ力が少し低いために、ビジネスシーンでは「性格が悪い」と誤解されるデザイナーは多くいます。

 

コミュニケーションに悩んでるデザイナーって、実はけっこういるんですよ。

 

■性格が悪い原因2:物事を深く考えるのがクセになってる。

 

物事を深く考えているせいで、性格が悪く見られる場合もあります。

 

例えば、デザイナーと接している時、こんなことを思ったことはありませんか?

 

・「屁理屈が多い」

 

具体的に言うと、「何か一つ意見を言うと、めっちゃ論破・質問してくる」など。

 

ちなみにデザイナーは、ひとつの物事を、深く掘り下げて考えることが仕事です。

 

なので、自然と屁理屈になってきます。

 

たぶん一般の方からすると、「めっちゃめんどくさい…」と思うはず。

 

これが、性格が悪い原因の2つ目です。

 

■性格が悪い原因3:世の中のクライアントを敵対視している。

 

実は単純に、クライアントを敵対視している人もいます。

 

敵対視する理由も、シンプル。

 

・良いデザインを提案しても、理不尽な修正依頼をされることで、作品の良さを理解してくれない。と思っている。

 

例えば、デザインの現場では必ずクライアントから「修正指示」が入ります。

 

その修正指示が問題で、せっかく頑張って考えて提案したにもかかわらず、

「簡単でいいから、ちょっと別案もつくってみて!」

 

とか、無茶振りされることが多々あります。

 

実はデザインって、かなり細かいところまで神経を張りめぐらせて作っており、簡単に見えるものでも、相当な時間と労力を費やしています。

 

このようなやりとりが続くと、「デザインのことを、素人になんかが分かるわけない!」と敵対視するようになります。

 

結果、クライアントへの対応が雑になります。

 

これが性格が悪い原因の3つ目です。

 

■性格が悪い原因4:クライアントへのヒアリングが下手。

 

案件を進める時にヒアリングが下手だと、性格が悪く感じます。

 

例えば、こんなかんじで起きやすいです。

 

1:よし、デザイナーに仕事を依頼しよう。

2:さっそく打ち合わせだ。

3:なんか打ち合わせしても、要望が伝わってない気がする...

4:結局、要望通りのデザインが上がってこない。自分よがりのデザインばかりする、性格が悪いデザイナーだ!

 

こんなかんじ。

 

つまり、「ヒアリングが下手→要望通りに作れない→変なデザインが上がってくる→性格が悪く感じる」という流れです。

 

本人には悪気がなくても、要望通りのデザインが提案されなければ、クライアントに「我が強いデザイナー」と誤解され、結果的に「性格が悪い」と思われます。

 

 

以上が「性格が悪い」と感じる原因です。

 

次の項では、デザイナー・クライアント側それぞれの、性格が悪いデザイナーのデメリットを解説します。

 

2:【デザイナーに向けたメッセージ】コミュ力が低い、性格が悪いデザイナーは、将来貧乏になります。

不安

 

繰り返しますが、性格が悪いデザイナーの原因は、下記の4つです。

 

1:コミュニケーションが苦手

2:物事を深く考えることがクセになってる。

3:世の中のクライアントを敵対視している。

4:クライアントへのヒアリングが下手。

 

その中でも、「コミュニケーションが苦手」なデザイナーは、

下記の感じで注意が必要です。

 

・将来貧乏になる可能性が高い。

 

こんなかんじ。

 

貧乏になる理由もシンプル。

 

・ディレクター職につけないから。

 

ちなみにディレクターとは、「クリエイティブディレクター」や「アートディレクター」といった管理職のこと。

ポジション的にはデザイナーよりも上の役職で、その分給料も高いです。

 

給料の高いディレクターに昇格できず、給料の安いデザイナーのままだと、貧乏になりやすいのは当然ですよね。

 

下記で、さらに解説します。

 

■なぜ、ディレクター職に「キャリアアップできない」のか。

 

理由も、シンプル。

 

・ディレクターは、コミュニケーション能力が必要だから。

 

つまり、コミュニケーション能力が低いとディレクターになりにくい。ということ。

 

✔︎【事実】デザイナーは、一生デザイナーでいることは「体力的に不可能」です。

 

事実として、デザイン業界では定年まで「デザイナーひと筋」で食べていけてる人はほとんどいません。

 

理由もシンプルで、体力も精神力も削られるデザイン業務は、高齢者になるほどキツイから。

 

世の中の40〜50歳台のクリエイターを見ればわかりますが、「ディレクター」のポジションにいる人が多いです。

 

 

まとめると、コミュニケーション能力が低いデザイナーは、給料の高いディレクターに向いてないので、将来貧乏になる可能性が高いです。

 

✔︎自分の将来設計が描けないと思ったら。

 

下記の記事に、おすすめの「将来設計の方法」をまとめました。

 

自分のデザイナー人生の「終達点」がわからない方は、ぜひご一読を。

 

【人生リセット】実践すべきwebデザイナーの将来設計を紹介【本質】

 

コミュ力が低いデザイナーは、まずはコミュ力をアップさせることがおすすめです(`・ω・´)ゞ

 

3:【クライアントに向けたメッセージ】性格が悪いと感じるデザイナーをビジネスパートナーにすると、大損します。

男

 

しつこいようですが、性格が悪いデザイナーの原因は、下記の4つです。

 

1:コミュニケーションが苦手

2:物事を深く考えることがクセになってる。

3:世の中のクライアントを敵対視している。

4:クライアントへのヒアリングが下手。

 

その中でも、4つ目の「クライアントが下手なデザイナー」と、ビジネスパートナーになるのは、おすすめしません。

 

理由もシンプル。

 

・デザインを依頼しても、要望とおりのデザインが完成しない。

・結果、発注費を大損する。

 

こんなかんじ。

 

具体的には、こんな風になります。

 

1:よし、デザイナーに仕事を依頼しよう。

2:さっそく打ち合わせだ。

3:なんか打ち合わせしても、要望が伝わってない気がする...

4:本当に大丈夫かな...

5:【デザイン完成】

6:なんか、思ってたのと違う...

7:発注費が無駄になった。マジで損した...

 

こんなかんじ。

 

かなりの確率で、こんな風になります。

 

さらに深掘りして、解説します。

 

■なぜ要望とおりのデザインが作れないのか。

 

理由も、シンプル。

 

・クライアントのを、きちんと理解しようとしない

 

こんなかんじ。

 

デザイナーの本来の役割を理解していない人が多いです。

 

✔︎デザイナーは、クライアントのもつ要望や悩みを解決する、お医者さんであるべき。

 

例えば、 クライアントのあなたが、こんな依頼をするとします。

 

・集客率を上げたい。サービスの魅力が伝わるチラシを作ってほしい。

・会社の魅力を世の中に発信したい。会社のロゴをつくってほしい。

 

このとき、ヒアリング力のあるデザイナーであれば、下記の感じで質問してきます。

 

・集客率を上げたい。サービスの魅力が伝わるチラシを作ってほしい。

 →サービスの特徴や独自性はなんですか?

 

・会社の魅力を世の中に発信したい。会社のロゴをつくってほしい。

 →貴社の魅力や特徴は何ですか?

 

つまり、あなたの要望にひそむ「本質」を見つけようとします。

 

逆に、性格が悪いデザイナーがヒアリングすると、下記のかんじになります。

 

・集客率を上げたい。サービスの魅力が伝わるチラシを作ってほしい。

 →わかりました。とりあえず作ってみます。

 

・会社の魅力を世の中に発信したい。会社のロゴをつくってほしい。

 →わかりました。とりあえず作ってみます。

 

こんなかんじ。

 

差は明らかですね。

 

✔︎デザインのアイデアは、必ずクライアントの中にある。

 

事実として、優れたデザインのアイデアは、必ずクライアントの中に潜んでいます。

 

なので、あなたが依頼する「案件の本質」が見抜けないデザイナーは、質の悪いデザインを提案し続けてきます。

 

 

少し長くなりそうなので、深掘りして解説したものを、別の記事にまとめました。

クライアントであるあなたが、アイデアの発想法を知っておけば、デザイナーよりも優位に立てるはず。

 

お時間のある時に、ぜひご一読を(`・ω・´)ゞ

 

【誰にでも必ず浮かぶ】デザインアイデアの発想法

 

■真にビジネスパートナーとすべきデザイナーとは

 

ビジネスパートナーにすべきデザイナーは、下記のとおり。

 

・クライアントへのホスピタリティ(接客・接遇)が高いデザイナー。

 

こんなかんじ。

 

理由もシンプル。

 

・しっかりとクライアントの声を自分の中に落とし込み、自分ごととして本当に親身になって、課題に向き合おうとするから。

 

僕がみてきた「超一流のデザイナー」は、例外なくホスピタリティが高いです。

 

結果、親身になって課題に向き合おうとし、優れたデザインを提案しています。

 

ちなみに、ホスピタリティが高いと、下記のような好循環を生み出します。

 

1:安心して依頼できるから、長期的に付き合えるようになる。

2:長期的に付き合うことで、自社のサービスのを深く理解してくる。

3:新しいデザインを発注するとき、 説明が最小限で済む。

4:案件の回転が速くなる+デザインの質が上がる。

5:デザインの効果が高くなり、会社への還元率が高まる。

6:くりかえし

 

こんな感じ。

 

ホスピタリティが高いデザイナーを見つけることは、あなたの会社にとってプラスにしか働きません。

 

性格が悪いデザイナーに費用も時間も捧げる必要はありませんよ。

 

4:失敗しないデザイナーの探し方を紹介 【性格の悪いデザイナーは仕事ができません】

ビジネスマン

 

デザイナー選びで失敗しないためには、デザイナーの「タイプ」を知るのことが重要です。

 

タイプは、下記の3つ。

 

1:本当は性格が良いけど、悪く見られるデザイナー

2:本当に性格が悪く、仕事ができないデザイナー

3:デザインをビジネスとして捉えているデザイナー

 

こんな感じ。

 

結論から言うと、本当に付き合うべきデザイナーは、「デザインをビジネスとして捉えているデザイナー」です。

 

詳しく解説していきます。

 

■まずは、デザイナーの種類を把握しましょう。

 

繰り返しますが、デザイナーのタイプは、この3つです。

 

1:本当は性格が良いけど、悪く見られるデザイナー

2:本当に性格が悪く、仕事ができないデザイナー

3:デザインをビジネスとして捉えているデザイナー

 

もし、デザイナーに不満を抱えているのであれば、1番目と2番目にあたっている可能性が高いです。

 

■種類1:「本当は性格が良いけど、悪く見られるデザイナー」

 

この手のデザイナーは、「デザイン力はあるけど、単にコミュ力がない」場合が多いです。

 

そもそもデザイナーは、言葉でコミュニケーションすることが苦手な人が多いです。

 

しかし発注者からしてみれば、一般的なビジネストークがぎこちない人に不満を抱くのは当然ですよね。

 

ただし、一つメリットなのは「デザイン力はある」ということ。

 

コミュ力がないだけなので、きちんとデザインの指示をしてあげれば、いい物はかならず提案してくれます。

 

この手のデザイナーは普通に接すると、案外話しやすかたりします(笑

 

■種類2:「本当に性格が悪く、仕事ができないデザイナー」

 

このタイプは最悪です。

ハズレくじを引いた人も多いはず。

 

このタイプにみられる特徴は、

「真剣にデザインに取り組まず、デザイナーという肩書きが欲しいだけ」という人が多いです。

 

また最近では、デザインを本当に理解していない「にわか」が多いのも特徴。

 

にわかが増えた理由もシンプル。

 

・誰でもかんたんに、デザイナーになれる時代になったから。

 

わりと事実です。

 

例えば今は、昔に比べてグラフィックソフトを購入しやすくなり、また、クラウドソーシングでかんたんにデザインを仕事にしやすくなりました。

 

そのため、デザインの基本を身につけていないデザイナーが多くなり、

結果、スキルが身につかないまま「デザイナー」を語る人が多くなってきました。

 

 

まとめると、

この手のタイプには近づかないのがオススメです。

 

■種類3:「デザインをビジネスとして捉えているデザイナー」

 

結論を言うと、このタイプのデザイナーを選びましょう。

 

理由もシンプル。

 

・デザインは「ビジネス」のひとつだから。

 

例えばクライアントのあなたは、依頼したデザインで「会社の利益を上げたい」と思ってますよね。

 

つまり、ビジネスです。

 

であればデザイナーも、「会社に利益を出せるデザイン」を作るべき。

 

このタイプのデザイナーは、先でも述べた、「ホスピタリティの高い人」が多いです。

 

あなたの意見や要望をしっかり聞いてくれるので、きっと案件もスムーズに進めてくれるはず。

 

間違っても、「デザイナーはアーティスト」という間違った認識のデザイナーとは関わってはいけません。

 

■ビジネスパートナーにしたいデザイナーの探し方を紹介【一体どこにいる?】

 

腕の良いデザイナーは、ほとんどが独立しています。

 

つまり、個人のデザイナーに声をかければいいだけです。

 

見つけ方の流れは、こんな感じ。

 

1:腕の良い「カメラマン・コピーライター・印刷会社」に、良いデザイナーがいないか聞く。

2:連絡を待つ。

3:デザイナーから連絡が入る。

4:ホスピタリティがあるかなど、総合的に判断。

5:取引採用or不採用の判断。不採用であれば最初からくりかえし。

 

こんなかんじ。

 

わりと、簡単です。

 

ここでのポイントは、

デザイナーではなく、腕の良い「カメラマン・コピーライター・印刷会社」に声をかけること。

 

理由もシンプル。

 

1:腕の良い「カメラマン・ライター・印刷会社」は、自分の仕事(作品)をよく見せたい。

2:下手なデザイナーと仕事をしたくない。

3:結果、腕の良いデザイナーに依頼するから、デザイナーの情報を知っている。

 

つまり、腕の良い人を知ってる確率が高いです。

 

「腕がいい」というのもポイントで、このタイプの人たちは、自分の仕事のクオリティに見合ったデザイナーを選びます。

 

結果、類は友を呼ぶで、腕のいいクリエイター達が自然と増えています。

 

腕の良いデザイナーを探す場合は、腕の良い「カメラマン・コピーライター・印刷会社」に声をかけることがベストです。

 

■クラウドソーシングで腕のいいデザイナーを探す方法。

 

まわりにツテがない方は、クラウドソーシングで見つけるのも手です。

 

クラウドソーシングでは、下記のサイトがおすすめです。

 

【日本最大級の 仕事発注サイト|ランサーズ】

 

クリエイターもかなりの人数が登録されており、制作費用も平均で30,000円から依頼できます。

 

そして、見つけるポイントは下記の2つ。

 

・クライアントへの提案内容がしっかり記載されている。

・クライアントへ案件の質問がなされている。

 

こんなかんじ。

 

上の2つは実際にランサーズ内でチェックできます。

 

✔︎ユーザー登録(無料)すれば、デザイナーを見つけ放題です。

 

ランサーズでは、ユーザー登録をすればだれでも案件内容を閲覧できます。

 

また、提案されているデザインも、誰でも閲覧できる仕様になっています。

 

なので、実際にサイトを訪れて各案件のやり取りを見れば、腕が良いデザイナーか一目瞭然です。

 

デザイナーを直接指名して案件を依頼することもできるので、安心して仕事を依頼することもできます。

 

気になる方は、ぜひ一度お試しを。

 

 

✔︎LINEからかんたんに、質問・相談を送れるようになりました。

女性とスマホ

 

この度デザインのコツでは、
「LINE@公式アカウント」を取得しました。

 

個別にメッセージが送れるサービスです。

 

やりとりの内容は、他の人から見れないようになっています。
また、やりとりの開始は僕側からメッセージを送れない仕組みになっていますので、安心してメッセージをお送りください。

 

今後とも、デザインのコツをよろしくお願いいたします。

 

ボタン

 

成功の鍵は「デザインの基礎」でした。|管理人takaのこれまでを紹介します。

 

5:まとめ

ジャンプ

 

というわけで、今回は以上です。

 

腕のいいデザイナーは、あなたの会社をより良くしてくれます。

 

急がずにしっかりと見極めていきましょう!

 

Design is easy!

The following two tabs change content below.
管理人|taka(たか)@オールラウンドデザイナー
【職 業:クリエイティブディレクター/グラフィックデザイナー】 上場企業の事務系サラリーマンから、独学でデザイナーに転身。東京のデザイン事務所で地獄の修行を経て、フリーランスとして独立。 現在は「専属契約 2社」と「単発制作」で毎月コツコツ40万〜50万円を稼ぎつつ生活中です(`・ω・´)ゞ

Copyright© デザインのコツ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.