webデザイン 仕事の悩み

【人生リセット】実践すべきwebデザイナーの将来設計を紹介【本質】

投稿日:2018年12月1日 更新日:

夜

webデザイナーの将来に不安を感じている人。

「webデザイナーとして働いているけど、続けていけるか不安」「オワコン説があるけど本当?」「webデザイナーが辿るべき将来設計を知りたい」。

今回はこういった将来設計の悩みを解消します。

 

※この記事は3分ほどで読み終わります。

少しのあいだお付き合いください(`・ω´)

 

本記事の内容

1:webデザイナーの将来設計を描けなくする、3つの不安説。

2:webデザイナーの不安を解消する、将来設計を教えます。

3:webデザイナーの将来設計にプログラミングは不要。

4:webデザイナーになりたい人は独学でもなれますよ【将来設計は必要】

この記事を書いてる僕はデザイナー歴12年。

フリーランスのクリエイティブディレクター・デザイナーとして生活しています。

 

よく世間では「webデザイナーはオワコン」「デザイン業界はAI化が進んでなくなる」とか言われています。

これらを耳にするとガクブルですが、実際は「真実である部分」と「そうでない部分」があります。

今回は結論から言いますが、食えなくなるwebデザイナーはまちがいなく増えます。

今回はそうならないための「webデザイナーが辿るべき将来設計」を詳しく解説していきます。

 

1:webデザイナーの将来設計を描けなくする、3つの不安説。

女性

webデザイナーの将来設計を不安にさせる説はおおよそこんな感じ。

・web業界が衰退してきている説

・webデザイナーの需要が減ってきている説

・webデザイナーの平均年収は低い説

これらの説が真実か、一つずつ「客観的」に見ていきましょう。

 

将来設計の不安1:web業界が衰退してきている説。

結論:この説は正しくない。

むしろweb業界は景気が良くなってます。

理由は以下のとおり。

・日本のインターネット広告費は、5年前から8,000億円増えている(一度も下がってない)

・あらゆるサービスのデジタル化が進んでいる

・インターネットはインフラ化されている

これらは個人的な考えを含まない「超客観的」な情報です。

まず、日本のインターネット広告費は「2012年の8,680億円」から「1兆5,094億円」まで上昇しています。

※電通調べなので情報は正確。

8,000億円も市場が増えているのに「衰退している」という解釈は間違っています。

信じられない人は電通のサイトでも確認できます。

 

これも客観的に考えれば分かりますが、世の中のあらゆるサービスやビジネスは全てデジタル化が進んでいきます。

そして、デジタル化には必ずネットワークが必要になってきます。

紙媒体が衰退していくのは分かりますが、webどころか「サイネージ広告」まで主流になってきている時代に「web業界が衰退している」という考えはありえないです。

よって、web業界が衰退してきている説は間違いです。

 

将来設計の不安2:webデザイナーの需要が減ってきている説。

結論:半分は間違い。でも半分は正しい。

結論は引き分けです。

理由は以下のとおり。

【間違いな理由】

・リクナビ検索で「webデザイナー」の求人数は100件以上。グラフィックデザイナーはその半分くらい。

→グラフィックデザイナーの2倍は需要あり。

【正しい理由】

・AIなどによるデザインの自動化が進んでいる。

→腕の良いデザイナー以外は淘汰される。

こんな感じです。

まずリクナビネクストで「webデザイナー」と検索した場合、基本的に求人数は100 件以上ヒットします。

※実際にやってみると分かります。(2018年12月実施)

webサイト

 

対してグラフィックデザイナーはその半分の50件くらいしかヒットしません。

 

webサイト

 

ちなみに、現在人手不足とされている「保育士」でさえも、リクナビで検索すると30件程度です。

 

webサイト

webデザイナーの需要は比較的高いといえます。

しかし、AIの進歩による自動化は、webデザイナーの数を減らす要因のひとつであるのは「事実」です。

webサイトが素人でも作れるわけですから、webデザイナーの需要が低くなるのは当然ですよね。

よって、この説は半分間違い。でも半分は正しいです。

 

将来設計の不安3:web デザイナーの平均年収は低い説。

結論:この説は正しい。

この結論は、僕の意見が少しだけ入っています。

それは「webデザイナーは忙しい割に儲からない」というのが一番の理由です。

基本的にwebデザイナーの年収は「約360万円」が相場になっています。

一般的なサラリーマンと比べれば大きくは気にする必要ありませんが、問題なのはデザイナーの労働時間。

つまり、「深夜残業あたりまえでこの金額は低すぎる」というのが僕の考えです。

人の1.5倍~2倍は働いてるのに、月給25万は安い気がします。。。

よって、この説は正しいです。

 

ここまでをまとめるとこんな感じ。

「web業界は景気がいいけど、スキルアップしながら正しい方向へ進まないと職を失うよ」

ということ。

次は、正しい方向に進むための「将来設計」を紹介します。

 

2:webデザイナーの不安を解消する、将来設計を教えます。

夕焼け

webデザイナーの不安を解消する将来設計はこんな感じ。

けっこう単純です。

・webデザイナーとしてデザイン力を磨く(短くても3年は経験する)

・SEO知識を身につける(2年くらいで身につく)

・webディレクターのポジションにつく(3年くらい経験する)

・状況をみてフリーランスになる(希望年収と相談してすべし)

一つずつ見ていきましょう。

 

解消ポイント1:webデザイナーとしてデザイン力を磨く

将来設計の基盤となるスキルなので超重要です。

webデザイナーとして必ず持っておきましょう。

これがないと、正直今後も食べ続けていける保証はないです。

持っておくべきスキルの基準はこんな感じ。

・トレンド表現を用いたのwebが作れる(今だとフラット)

・クライアントが満足するデザイン提案ができる。

「クライアントの満足いくデザインを生み出せること」がけっこう重要でして、AIと人間との差別化ポイントになります。

自動化で似たり寄ったりのものに満足できない人は当然いるわけなので、満足のいく提案ができるようになるのは、AIから身を守るのと同義語です。

まずはwebデザイナーとしてスキル力を磨くことが、将来設計の第一歩です。

 

解消ポイント2:SEO知識を身につける

ここが将来設計の運命を分ける最重要ポイントです。

多くのwebデザイナーはなぜかここをすっ飛ばしたがります。

SEO知識を身につけるメリットはこんな感じ。

・他のwebデザイナーと自分の差別化ができる

→SEOに強い人はほんのわずか。実践できる人はわずかしかいない。

・webサイトへ集客力が高まる。

→サイトの品質が上がり、価格交渉に負けない。(値下げしないで済む)

こんな感じです。

SEOのノウハウを身につけるメリットは、上位表示させる腕を持っていることで「webデザイナーとしての価値」が格段に高まること。

「上位表示されるサイト=集客力のあるサイト」なわけですから、webデザイナーの価値が高まるのは当然です。

逆に300位圏外のしょぼいサイトは集客力がないので、クライアントからすれば「意味のないしょぼいサイト」と判断します。

これからAIや自動化によってwebデザイナーは削られていくわけですから、このスキルを持ってるかどうかが「最重要ポイント」となってきます。

僕の場合、SEOで上位表示させるノウハウが身についているので「デザイン制作費を下げる」ことはしていません。

つまり、相見積もりを取られても他のデザイナーは上位表示させれないので、「クライアントはお金が高くてもより効果のある方を選んでくる」というわけです。

 

例えばこのサイトでいうと、この記事は「dm デザイン アイデア」というキーワード狙いで書いてますが、5位くらいをキープしています。

DMのデザインアイデアの発想法を解説【アイデアが出ない原因も説明】

webサイト

SEO

※最高は2位くらいまで上がります。

ちなみに、現状の職場でSEOの知識を身につける場合は、webディレクターや上司と相談して案件を進めるようにしましょう。

SEOは限りなく地道な作業なので、一人でやるより周りと協力して進めたほうが断然はやいです。

周りと協力するよりも、まずは本を読んで知識をつけたい方はこちらがおすすめです。

 

✔︎【初級~中級者向け】SEOのことはこの一冊でだいたい理解できる。

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル(特典PDF付き)

僕もいろんなSEO本を読みましたが、最近のものであればこちらがおすすめです。

少し前に発行されている優秀な本もたくさんありますが、web業界は最新情報が日々変わるのでまずは最新版を読みましょう。

webデザイナーとして食べていくなら、SEOの知識を身につけましょう。

 

解消ポイント3:webディレクターのポジションにつく【年収も改善】

年収をあげたい人はかならずこのポジションを狙いましょう。

というのも、相場で言えばwebデザイナーより100万円は年収が高いです。

また、クリエイティブな業務もさほどないので、デザイナーよりも体力面では仕事が楽です。

僕もクリエイティブディレクターのポジションにいましたが、案件をまわす管理能力とライティングスキルがあれば比較的働きやすいポジションです。

30歳前後に慣れていればベストかと。

 

解消ポイント4:状況をみてフリーランスになる

これまで色々と説明しましたが、不安を拭えない部分もあると思います。

例えばこんな理由はありませんか?

・デザイン会社は不安定だから、いつ倒産してもおかしくない

その通りだと思います(笑

じつはこのように考えている人はけっこう正しい感覚の持ち主でして、今の時代は終身雇用まで社員を守ってくれる会社は存在しません。

用がなくなればそこでポイなので、ずっと会社員のまま続けていくことの方がリスクです。

つまり、ここまでの4つの解消ポイントをまとめるとこんな感じ。

・自分の腕だけでご飯が食べれるようにスキルを磨いておくことが、一番安心・確実な将来設計です。

ということ。

今回紹介した将来設計は、まわりの人や会社に依存しないで済むように計画された将来設計です。

webデザイナーとして生きることは、自身のスキルアップを高めていくことでより安心・確実なものになります。

一つずつ確実にスキルアップして将来設計を描きやすくしましょう。

 

3:webデザイナーの将来設計にプログラミングは不要。

カップル

先に結論&補足をしますが、プログラミングは需要が高く稼ぎやすいです。

ですが、webデザイナーとして活動するならデザインに特化した方が良いです。

理由はこの一つだけ。

・デザイン一本に特化した方が、収入効率がいい。

詳しく説明します。

 

JavaScript・PHPは不要。収益をあげたいならデザイン一本で。

この結論は、プログラミングを否定するものではありません。

ただ単純に、今回紹介した将来設計をするのであればデザイン一本の方がいい。という話です。

というのも、現在のサイト制作のページ平均単価の割合はこんな感じになります。

・コーディング費(1P:約3万)<デザイン費用(1P:約5万)

「ちょっとデザイン費用高くない?!」という意見も出るかと思いますが、僕はこの金額は妥当だと思います。

本来webサイトのデザイン費は上記の感じでして、現在は大幅に安く叩かれすぎています。

しかし、今回ご紹介したSEOに強いサイトが作れれば、効果を保証できるので価格を大幅に下げずに済みます。

つまり、まとめると単純で「より収入額の多い項目を数多く受注した方が収益が高まる」ということです。

※ちなみに、プログラミングの将来は明るいです。

フリーランスでやるならプログラミング一本で独立するのもありです。

 

4:webデザイナーになりたい人は独学でもなれますよ【将来設計は必要】

陸上競技場

webデザイナーになりたい方は、独学でも十分可能です。

しかし、webデザイナーの独学にはちょっとしたコツが必要です。

こちらの記事にwebデザイナーになるための勉強方法をまとめていますのでお役立てください。

【学習時間が短いと失敗する】独学でwebデザイナーになる方法を紹介

 

また、webデザイナーの現場はけっこう忙しいです。

この業界に飛び込む前にある程度予備知識をつけておけばダメージは少なくなります。

web業界ビギナーの方はこちらの記事もあわせて読むのをオススメします。

【ギブアップ】webデザイナーの「きつい」を解消する3つの方法

 

✔︎困った時のデザイン知識を、さりげなくお届け中(`・ω・´)ゞ

下のデザインのコツのページでクリックすると、困った時のデザイン知識や情報をみなさまにさりげなくお届けしています。

デザインのお仕事中にこっそりみてくれるとうれしいです(`・ω・´)ゞ

 

■PCで見ているデザイナーさま

1秒でできます。

黄色い枠のボタンをクリックだけで終了です(`・ω・´)ゞ

webサイト

こちらのリンクからじゃんぷ!

 

■スマホで見てるデザイナーさま

10秒でできます。

こちらのリンクからじゃんぷ!

Safariが起動するので、「購読用アプリをダウンロード」をクリック。

アプリ

「開く」をクリックしてダウンロード。

アプリ

「Push7 アプリで購読」をクリックして完了!

アプリ

これからも「デザインのコツ」をよろしくお願いいたします(`・ω・´)ゞ

 

5:まとめ

ジャンプ

というわけで今回は以上です。

webデザイナーとして生きるなら「将来設計」は必須です。

まだ先の見通しが立たない方は今回の記事を参考にしてみてくださいね(`・ω´)

Design is easy!

The following two tabs change content below.
taka
【管理人】名前:taka【生い立ち】1:新卒で、超大手の小売企業に就職 → 2:在籍中にデザインに目覚め、独学でデザインを学ぶ → 3:上京し、デザイン事務所で「武者修行」を開始 → 4:大都会を前に、圧倒的な「敗北感&挫折」と「体調不良」を味わう → 5:まわりの仲間や家族の救いで、闇から脱出 → 6:フリーデザイナーとして無事独立。 現在は、「専属契約 2社(計40万くらい)」と「単発制作 月15万円くらい」で生活中です(`・ω・´)ゞわりと、自由で、幸せな暮らしが手に入りました。

Copyright© デザインのコツ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.