デザインのコツ

【永久テク】オシャレでかっこいい、名刺デザインの作り方。

投稿日:2019年1月14日 更新日:

女性

 

オシャレでかっこいい、名刺デザインを作る方法を知りたい人。

 

「名刺を作っているけど、なぜかダサくなる」

「オシャレでかっこいい名刺デザインって、どうやって作るの?」

「オシャレでかっこいい、名刺デザインの事例が見たい」

「素人でも名刺が作れるサービスを教えて!」

 

こんな疑問を解消します。

 

※この記事は5分ほどで読み終わります。

記事の前半は「デザイナー」向け。

後半は「素人の方」向けになっています。(`・ω・´)ゞ

 

本記事の内容

1:【ダサい】オシャレでかっこいい名刺が作れない!ダサくなる原因とは。

2:【作り方】オシャレでかっこいい、名刺デザインを作るコツ。

3:【独自性アップ】かっっこいい名刺に仕上がる印刷所を紹介。

4:【参考】オシャレでかっこいい、名刺デザインの事例を紹介。

5:【素人向け】手軽に名刺を作れる、webサービスを紹介。

 

こんにちは!takaです。

グラフィックデザイナー・クリエイティブディレクター歴12年。

毎月40〜50万くらい稼ぎつつ、フリーランスとして生きてます。

 

今回は、「かっこいい名刺の作り方」について。

最近では「たかが名刺を作るなんて楽勝でしょ」と言われる時代になりました。

 

ところが、いざデザインしてみると、

 

「なんか、微妙にダサくなる」

「全然、美しくない」

「参考にした名刺のデザインと、何かが違う」

 

なんてことが、よくあります。

 

そうなる理由もシンプルで、実は名刺は、「デザインスキルがかなり問われるアイテム」なんです。

 

今回は、名刺の作り方の基礎を踏まえた、「かっこいい名刺の作り方」をわかりやすくレクチャーします。

 

1:【ダサい】オシャレでかっこいい名刺が作れない!ダサくなる原因とは。

格闘技

 

名刺のデザインが、「なんとなくダサくなる原因」は下記の3つです。

 

・文字組みのスキルが不足している。

・手を動かす時間が少ない。

・フォント選びを間違っている。

 

こんなかんじ。

 

そして、最初にネタバラシしておくと、今回は下記のコツには触れていません。

 

・斬新な名刺デザインのアイデアが浮かぶ方法

・かっこよく魅せる小技

・小手先のテクニック

 

今回のメインになるのは「デザインの基礎」の部分です。

デザイン上級の方は、すでに理解している内容なので、流し読みくらいのノリでOKです(`・ω・´)ゞ

 

さっそく、ダサくなる原因をひとつづつ解説します。

 

 

ダサい原因1:文字組みのスキルが不足している。

 

文字組みのスキルが不足していると、圧倒的にダサい名刺に仕上がります。

 

理由もシンプル。

 

・かっこいい名刺のほとんどは「文字レイアウトの美しさ」でデザインが成り立っているから。

 

例えば「文字の余白・文字サイズの強弱・情報のまとめ方」など、あらゆる要素が絡み合って、「かっこいい名刺」に仕上がります。

美しさを際立たせるスキルが足りてないわけですから、ダサくなるのは必然です。

 

ダサい原因2:手を動かす時間が少ない。

 

微調整する作業が少ないと、ダサいデザインから抜け出せません。

理由もシンプル。

 

・デザインは、微調整を重ねることで美しさがアップしていくから。

 

ちなみに名刺は、制作費が安かったり、確保できる制作時間が少ない場合が多いです。

そのため、微調整に時間を割きたくてもできないのが現状です。

 

ダサい名刺から抜け出したい人は、微調整する時間を、確保することをおすすめします。

 

ダサい原因3:フォント選びを間違っている。

 

当たり前ですが、ダサいフォントを使うと、ダサい名刺になりやすいです。

理由も原因1と似ており、「名刺の美しさは、文字によって決まる」もから。

 

名刺は、文字そのものがが「デザインの主役」になるので、質の悪いフォントを使うとダサくなりやすいです。

 

 

以上が、ダサくなる3つの原因です。

名刺は、デザインスキルが超求められるアイテムです。

 

まずはこの3つの原因を意識することをおすすめします。

 

2:【作り方】オシャレでかっこいい、名刺デザインを作るコツ。

モデル

 

かっこいい名刺を作るコツは、次の3つ。

 

・掲載する情報を、種類ごとにまとめる。

・美しいフォントを使用する。

・かっこいいロゴを使用する。

 

こんなかんじ。

ひとつずつ、解説します。

 

作り方1:掲載する情報を、種類ごとにまとめる。

 

まずは、種類ごとにまとめましょう。

 

まとめる理由もシンプル。

 

・情報をまとめることで、見やすさがアップするから。

 

例えば、こんな情報があるとします。

 

・東京都新宿区□□□丁目□□番地

・山田太郎

・TEL _090-0000-0000

・URL_https://design-kotu.com/

・FAX_000-0000-0000

・営業部

・株式会社デザインのコツ

・係長

 

かなり読みにくいですよね。

 

これを情報の種類ごとに分けると、こうなります。

 

【カテゴリー1】

・営業部

・係長

・山田太郎

 

【カテゴリー2】

・株式会社デザインのコツ

・東京都新宿区□□□丁目□□番地

・TEL _090-0000-0000

・FAX_000-0000-0000

・URL_https://design-kotu.com/

 

読みやすくなりましたね。

情報を種類ごとにまとめる作業は、基本中のキホンですが、案外できていないデザイナーが多いです。

 

一見、かっこよく仕上げるのに関係ないように思えますが、かっこよく仕上げる「下準備」として、かなり重要な作業です。

 

まずは、名刺に掲載する情報を、種類ごとにまとめましょう。

 

作り方2:美しいフォントを使用する。

 

美しい且つ、商用利用無料のフォントを3つ紹介します。

 

■フォント1:源ノ明朝

 

■源ノ明朝

「げんのみんちょう」と呼びます。

このフォントのいいところは、フォントの王様「モリサワ フォント」並みのプロポーションの点。

 

「じゃあ、モリサワを使えばいいじゃん!」という声もありそうですが、今回は無料フォントとして使えるものをチョイスしました(`・ω・´)ゞ

商用利用もできるので、初心者でも始めやすいフォントです。

 

■フォント2:源ノ角ゴシック

 

■源ノ角ゴシック

源ノ明朝の兄弟フォントで「げんのかくごしっく」と呼びます。

 

このフォントも明朝と同様に、非常にプロポーションの良いフォントです。

無料で商用利用できるので、明朝バージョンとあわせてもっておくと便利です。

 

■フォント3:DIN

 

■DIN

ドイツが作った超有名フォントです。「ディン」と呼びます。

 

英語だけのフォントですが、プロのデザイナーも多く使用している、秀逸なフォントです。

※僕もかなりこのフォントを使ってます!

 

欧文フォントの使用で迷ったときは、これを選べばとりあえずOKです。

 

作り方3:かっこいいロゴを使用する。

 

かっこいいロゴを使用することで、名刺の印象はグッと変化します。

 

考えれば当たり前ですが、かっこいい物を使用すれば、見栄えがよくなるのは当然ですよね。

 

文字組みに自信がないデザイナーさんは、ロゴの力に頼ると、簡単にかっこいい名刺が作れます。

 

ちなみに、ロゴの作り方を下記の記事にまとめているので、お時間のあるかたはぜひ。

 

ロゴの作り方

 

かっこいいロゴを使うことで、名刺の印象もグッと変化しますよ。

 

作り方4:実際に作ってみた。

 

これまで紹介した内容だけをもとに、実際に名刺をデザインしてみました。

 

特に大きくこだわったところや装飾性もありませんし、ロゴもあえて使用してません。

 

が、シンプルで見やすい名刺に仕上がったと思います。

名刺

名刺

名刺

常にこのデザインが作れれば、後はどうアイデアを組み込んでいくかです。

 

今回紹介した作り方は、これからも永久に変わらない作り方なので、ぜひ身につけてくださいね(`・ω・´)ゞ

 

3:【独自性アップ】かっこいい名刺に仕上がる印刷所を紹介。

モデル

 

腕のいい印刷所を選び、良質な紙を選ぶことで、

かっこいい名刺になります。

 

今回は僕が普段よく利用する印刷所を紹介します。

 

印刷所1:ハグルマ オンラインストア

 

【ハグルマ オンラインストア】

 

印刷クオリティの高い印刷所です。

 

取り扱いする紙も多く、「箔押し・型抜き・小口染め」など、バリエーションに富んでいます。

例えばこんな感じの作例もあります。

 

作例1

【箔押し+厚地のクッション紙】

 

作例2

【色紙+箔押し+型抜き】

 

 

いずれもオシャレかっこいいですね!

また、制作金額を素早く知りたい人は、サイト内で自動計算もできます。

 

✔︎実際に、自動見積りしてみた

 

ここで自動見積もりができます。

例えば、下記の仕様で見積もるとします。

 

【見積もり条件】

・部数:500枚

・表面:オフセット印刷1色

・ウラ面:活版飲茶1色

・紙:コットン スノーホワイト 348.8g

 

こんなかんじのかなり分厚い紙なので、活版加工が映える仕様ですね。

かなりかっこよくなります。

 

そして、自動見積もりすると、こんな金額に。

 

・合計:18,900円(税抜き)

 

この贅沢な仕様で、「一枚あたり37.8円」なのは、かなりコスパが良いと思います。

僕も過去に何度もお世話になっていますが、品質もGOODです。

かなり、おすすめですよ(`・ω・´)ゞ

 

 

印刷所2:活版名刺ドットコム

 

【活版名刺ドットコム】

 

活版専門の印刷の会社です。

 

ここの特徴はなんといっても「活版」につきます。

 

ちなみに、活版で作る場合はインク印刷と全く異なる部分に留意しなければならないので、密にオペレーターさんと打ち合わせするのをおすすめします。

 

例えば、紙の種類によっては、毛羽立ちにインクの滲みがでてしまったり、凹凸の出方もまったく異なります。

筆者もなんども活版で名刺を作ってますが、インク印刷とは違う感動がありますよ。

 

4:【参考】オシャレでかっこいい、名刺デザインの事例を紹介。

絵の具

 

デザインビギナーの方でも、比較的かんたんにできそうな参考事例を3つご紹介します。

 

事例1:タイポグラフィの変わった表現方法

 

「プリントショップ サン」という印刷会社の事例にあった名刺です。

 

ポイントは「名前が見切れてデザインされている」という点。

 

「これくらいだれでも考えつくよ!」という声も上がりそうですが、実際にこのような文字組みのデザインって、あんまりないんですよね。

 

アイデアに詰まった方は、意外と参考になる事例です。

印刷コストも上がらないので、やってみる価値ありのデザインです。

 

事例2:質のいいロゴで魅せた名刺

 

「THROUGH」というデザイン事務所の制作事例です。

ポイントは、「かっこいいロゴ(今回はアイコン)」をうまく利用し、オリジナル性のあるデザインに仕上げている点。

 

アイコンを散りばめることで、デザイン性の高い名刺に仕上がっています。

 

わりと王道ですが、かなり参考になります。

 

事例3:小口染めの名刺

 

「小口染め」の名刺です。

 

小口染めとは、縁に色をのせた加工のこと。

 

一見、加工費が高そうにみえますが、実はこれ、自分でも簡単にできます。

 

やり方もシンプル。

 

・市販の色付きマーカーで縁を塗るだけ。

 

実際にやるとわかりますが、かなりカッコよくなります。

 

コツは、次の3つ。

 

・繊維が毛羽立ってない紙でやる。

・厚い紙でやる。

・プリントされてるインクの色と、マーカーの色を近づける。

 

これくらい。

 

オススメなのは、「モノクロの名刺に黒のマッキーで縁を塗る」方法です。

かなりよくなりますよ。

 

時間があれば、ぜひお試しを(`・ω・´)ゞ

 

5:【素人向け】手軽に名刺を作れる、webサービスを紹介。

女優

 

デザインじゃない人でも、かっこいい名刺を作れるサイトを3つ紹介します。

 

今回は下記の3つを基準に選びました。

 

1:かっこいいデザインに仕上がる。

2:テンプレートの種類が多い。

3:制作金額がリーズナブル。

 

※実際の制作料金はご参考までにご確認ください。

詳細は各サイトのホームページでご算出ください。

 

webサービス1:ラクスル

 

【ラクスル】

 

1:デザイン性→◎

2:テンプレートの種類→240種類

3:制作金額の安さ→1,400円~/100部/両面カラー

 

僕が全て見たサイトの中で、一番文字組みが美しいテンプレートが多かったです。

 

装飾要素もわりと質が良く、素人の方でも簡単にかっこいい名刺が作れます。

 

テンプレートの種類はそこまで多くありませんが、テンプレートの文字組みが、一つひとつしっかりなされてるので、きちんとかっこいいデザインが作れます。

シンプルなデザインが好きな方には、一番おすすめできるwebサービスです。

 

webサービス2:パプリ

 

【パプリ】

 

1:デザイン性→◎

2:テンプレートの種類→408種類

3:制作金額の安さ→950円~/100部/片面カラー

 

こちらのサービスも、テンプレートのデザインがしっかりしており、かっこいい名刺が簡単に作れます。

 

種類もそこそこ豊富ですし、装飾もフラットデザイン中心のデザインが多いです。

感じとしては、ラクスルとあまり大差ない気がします。

 

webサービス3:vistaprint

 

【vistaprint】

 

1:デザイン性→◎

2:テンプレートの種類→5,000種類以上

3:制作金額の安さ→980円~/100部/片面カラー

 

ここのサービスの特徴は、その種類の多さ。

 

ざっと見ましたが、ポピュラーなものからフラットデザインのものまで、ひととおり揃っています。

 

数が多すぎて悩みそうですが、テイストごとに表示させれるので、迷うことなく楽に選べます。

 

 

以上がおすすめのwebサービス3選です

3つ以外の印刷所も簡単に紹介しておきますね。

 

■デザイン名刺.net

1:デザイン性→○

2:テンプレートの種類→2,250種類

3:制作金額の安さ→1,150円~/100部/片面モノクロ

 

■名刺作成のファースト

1:デザイン性→△

2:テンプレートの種類→142種類

3:制作金額の安さ→1,900円~/100部/片面モノクロ

 

■プリスタ

1:デザイン性→○

2:テンプレートの種類→687種類

3:制作金額の安さ→1,260円~/100部/両面カラー

 

ちなみに、ポスターやチラシなども、webサービスで簡単に作れます。

 

下記の記事で紹介しているので、気になる方はどうぞ。

 

【それで大丈夫?】ポスターデザインの作り方とセオリー【素人~中級者向け】

 

【全てを公開】チラシデザインの考え方~作り方~印刷所の選び方まで。

 

ほんとうに便利な時代になりましたね。

機会があれば、ぜひ活用してみてくださいね(`・ω・´)ゞ

 

5:まとめ

ジャンプ

 

というわけで今回は以上です。

 

質問などは、メッセージやコメント・お問い合わせで受付中です。

ぜひ、お気軽にご相談ください(`・ω・´)ゞ

 

Design is easy!

The following two tabs change content below.
taka
【管理人】名前:taka【生い立ち】1:新卒で、超大手の小売企業に就職 → 2:在籍中にデザインに目覚め、独学でデザインを学ぶ → 3:上京し、デザイン事務所で「武者修行」を開始 → 4:大都会を前に、圧倒的な「敗北感&挫折」と「体調不良」を味わう → 5:まわりの仲間や家族の救いで、闇から脱出 → 6:フリーデザイナーとして無事独立。 現在は、「専属契約 2社(計40万くらい)」と「単発制作 月15万円くらい」で生活中です(`・ω・´)ゞわりと、自由で、幸せな暮らしが手に入りました。

Copyright© デザインのコツ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.