デザインのコツ

フラットデザインvsグラデーション。ダサいのはどっち?

投稿日:2019年4月19日 更新日:

格闘技

 

フラットデザインとグラデーション。どちらがダサいのかを知りたい方向け。

 

「最近フラットデザインがダサいって聞くけど本当?」

「グラデーションがトレンドになってきてるって本当?」

「フラットデザインとグラデーションはどっちがダサいの?」

 

こんな疑問を解消していきます。

 

※この記事は3分くらいで読み終わります。

読み終える頃には、フラットデザインとグラデーションのどちらがダサいのかが、理解できるはず。(`・ω・´)ゞ

 

本記事の内容

1:【結論】どちらがダサいとか気にしてる時点でアウト。

2:ダサいと思っていたグラデーションは、トレンドになりつつあります。

3:フラットデザインのメリットを解説。【フラットダサい派に贈る】

4:グラデーションのメリットを解説。【グラデーションダサい派に贈る】

 

こんにちは!takaです。

フラットデザインが大好きな、デザイン歴12年のグラフィックデザイナーです。

 

今日のお話は、「フラットデザインとグラデーションどちらがダサいのか」について。

 

最近のトレンドとして、「グラデーションがぐいぐいきてる」噂をよく耳にしますね。

 

今回はそんなフラットデザインとグラデーションの関係性を一刀両断します(`・ω・´)ゞ

 

1:【結論】どちらがダサいとか気にしてる時点でアウト。

悩み

 

すみません、少しトゲのある言い方ですが、そもそもどちらがダサいかを気にする時点でNGです。

理由は下記のとおり。

 

・デザインはクライアントの要望を満たせれば、かっこよくてもダサくてもOKだから。

 

こんなかんじ。

 

そもそも、デザインに対する正しい考え方は次のとおり。

 

・デザインはクライアントの問題を解決してあげるツール。

・よって、問題が解決できればデザインはダサくてもOK。

・結論、フラットもグラデも、どっちも使えば良い。

 

シンプルですね。

たしかにデザインは、かっこよさや美しさといった「意匠性」も重要です。

 

しかし、クライアントが求める「売上UP」や「集客率アップ」「ブランド認知向上」といった結果が得られなければ、どれだけかっこよくしても意味ありません。

 

 

まとめると、クライアントの求める要望が満たされれば、フラットデザインであってもグラデーションでも、どちらも正しいということ。

 

どちらがダサいかは、デザインの意味を考えればあまり意味ないことなんですよ(`・ω・´)ゞ

 

※ちなみに、僕はフラットデザインをかっこいいと思ってる派です...(小声

 

2:ダサいと思っていたグラデーションは、トレンドになりつつあります。

夕焼け

 

多分この記事を読んでいる方はこんな心境かと。

 

・グラデーションって、トレンドになるの?

 

こんな風に思っている方が多いはず。

 

結論から言うと、グラデーションはこれからのトレンドになる可能性が高いです。

 

ここで僕が言うのも信憑性がないので、いろんなデザイナーさんが書かれている「グラデーションがトレンドになる記事」を紹介しておきます(`・ω・´)ゞ

 

>ダサイと廃れた「グラデーション」が、おしゃれになってトレンドデザインに!

 

上の記事でも、次のトレンドはグラデーションだと宣言してますね。

 

✔︎グラデーションは、なぜトレンドになりそうなほど「復活」し始めたのか?

 

復活し始めた理由は、下記のとおり。

 

・フラットデザインが溢れ過ぎた。

・グラデを使うと、オリジナリティが出やすくなった。

 

まだまだありますが、おおよそはこんなかんじ。

ひとつずつ解説します。

 

トレンド理由1:フラットデザインが溢れ過ぎた。

 

さらに言うと、デザイナーが飽きはじめたのも原因です。

 

フラットデザインが世の中に普及して、かれこれ5年以上は経過してます。

 

ググればわかりますが、どのサイトもフラットデザインばかりで、マンネリしてる感MAXですね。

 

デザインは、クライアントの問題を解決するツールと言っても、デザイナーも人間なのでやっぱり飽きます。

僕もそろそろフラットデザインは控えようかなーとも考えています(笑

 

トレンド理由2:オリジナリティが出やすくなった。

 

フラットデザインが溢れたことで、逆にグラデーションの方が「オリジナリティ」を出しやすくなりました。

 

また、グラデーションに使用するベースカラーを「2色・3色」と使用することで、他にはないオリジナリティを出しやすくなったのも、復活してきた大きな理由です。

 

ちなみに、最近のインスタグラムのロゴもグラデーションとなり、他のアプリにはないオリジナル感がでてますね。

 

 

以上がグラデーションがトレンドになりつつある理由です。

 

手のひらを返すようですが、デザイナーはトレンドを把握しておく義務があります。

時代の波に取り残されないよう、これからもアンテナを張り続けましょう(`・ω・´)ゞ

 

3:フラットデザインのメリットを解説。【フラットダサい派に贈る】

女の子

 

グラデーションがトレンドになりつつも、フラットデザインにするメリットもまだまだあります。

 

フラットデザインにするメリットはこんな感じ。

 

・デザイン工期が短くなりやすい。

・シンプルでわかりやすい。

・初心者でもデザインしやすい。

 

ひとつずつ解説します。

 

メリット1:デザイン工期が短くなりやすい。

 

短くなる理由も、シンプル。

 

・デザイン処理の手間が省ける。

 

フラットデザインは図形や色がシンプルな分、デザイン処理の手間が圧倒的に少ないです。

 

webデザインにおいても、コーディングしやすく且つレスポンシブに対応しやすいので、作り手としてはうれしい部分。

 

デザイン処理が少ないことで制作時間が短縮できることが、フラットデザインの魅力のひとつです。

 

メリット2:シンプルでわかりやすい。

 

単純な図形とシンプルな配色は、シンプルでわかりやすいです。

 

グラデーションデザインの場合、うまくデザインされてないと、情報がごちゃついて視認性が下がる原因にもなるので、注意が必要です。

 

メリット3:初心者でもデザインしやすい。

 

デザイン処理が少ない分、初心者でもデザインしやすいです。

 

しかし、ロゴマークといった「高い意匠性が求められるもの」については、形がシンプルな分、ごまかしが効かなくなるので、初心者は注意が必要です。

 

 

以上がフラットデザインのメリットです。

最後にグラデーションのメリットを解説します。

 

4:グラデーションのメリットを解説。【グラデーションダサい派に贈る】

夕焼け

 

グラデーションのメリットは次の3つ。

 

・視線の誘導をしやすくなる。

・デザインに奥行きが出やすい。

・オリジナリティが出やすい。

 

ひとつずつ解説します。

 

メリット1:視線の誘導をしやすくなる。

 

グラデーションの流れに沿って、読み手の視線を誘導しやすくなります。

 

例えば左から右に流れているグラデーションであれば右側へ。

左上から右斜め下に流れているグラデーションであれば右下へ誘導できます。

 

例えばこちらの「Symodd」というサイトは、左上から右下へ目線を誘導させ、スクロールを誘う仕組みになっています。

フラットデザインではできない仕掛けですよね。

グラデーションおそるべしです。

 

メリット2:デザインに奥行きが出やすい。

 

フラットデザインに比べて、圧倒的に奥行きが出ます。

 

こちらは「REDBRICK」というサイトですが、webサイト内の「TOP画像・フレーム・ボタン」などにグラデーションをふんだんに盛り込み、奥行きのあるデザインに仕上がっています。

 

フラットデザインだと、できない表現ですよね。

 

メリット3:オリジナリティが出やすい。

 

冒頭でも紹介しましたが、オリジナリティが出しやすいです。

 

理由もシンプル。

 

・色の組み合わせ次第で、表現の幅が広がりやすいから。

 

実際にグラデーションデザインにチャレンジしたい方は、「shade」というwebサイトを活用すれば簡単にオリジナルのグラデーションが作れます。

 

下のバーをマウスでいじるだけで、グラデーションが変化していきます。

初心者でも簡単にできるので、おすすめですよ。

 

 

以上がグラデーションのメリットです。

トレンドに乗り遅れないために、ぜひグラデーションの表現にもチャレンジしてみましょう(`・ω・´)ゞ

 

5:まとめ

ジャンプ

 

というわけで今回は以上です。

 

フラットデザインもグラデーションも、どちらも優れた面をもっています。

 

互いのメリットを活かしながら、クライアントの要望をしっかり叶えていきましょう(`・ω・´)ゞ

 

Design is easy!

The following two tabs change content below.
taka
【管理人】名前:taka【生い立ち】1:新卒で、超大手の小売企業に就職 → 2:在籍中にデザインに目覚め、独学でデザインを学ぶ → 3:上京し、デザイン事務所で「武者修行」を開始 → 4:大都会を前に、圧倒的な「敗北感&挫折」と「体調不良」を味わう → 5:まわりの仲間や家族の救いで、闇から脱出 → 6:フリーデザイナーとして無事独立。 現在は、「専属契約 2社(計40万くらい)」と「単発制作 月15万円くらい」で生活中です(`・ω・´)ゞわりと、自由で、幸せな暮らしが手に入りました。

Copyright© デザインのコツ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.