フリーランスの暮らし方

apple watchの魅力を半減させる、NGファッションを紹介【結論存在しない】

投稿日:

ビジネスマン

apple watchをファッションに活かしたい人向け。

「apple watchにNGなファッションってあるの?」

「ファッション性を高める、apple watch専用バンドが知りたい」

「apple watchってデザイナーがつけるとどうなるの?」

こんな疑問を解消していきます。

 

本記事の内容

1:apple watchにはNGファッションが存在しない理由。

2:ファッション性を高める、apple watch専用バンドの選び方を解説。

3:【デザイナー向け】apple watchがデザイナーにおすすめな理由。

 

※この記事は3分くらいで読み終わります。

読み終える頃には、apple watchが少し好きになるはず(`・ω・´)ゞ

 

こんにちは!takaです。

apple watchが好きになったグラフィックデザイナー歴12年の人間です(`・ω・´)ゞ

 

今日のお話は「apple watchをファッションに活かす方法」について。

この記事を見ている方はおそらく、apple watchを買おうか迷っていたり、apple watchをファッションに取り入れたいと思っている人が多いはず。

今回はデザイナーの僕が「apple watchをファッションに活かす方法」をレクチャーします。

 

ちなみに、この記事は「おすすめAppや機能面」のレビューは一切ありません。

完全に、デザイナーさん向けの記事です(`・ω・´)ゞ

 

1:apple watchにはNGファッションが存在しない理由。

ビジネスマン

すみません、タイトルの手のひらを返すようですが、apple watchにNGファッションはないかと。

理由は次の3つ。

・ファッションに応じて、apple watchのテイストを自由に変えられる。

・apple watchは主張しすぎないデザインだから、どんなファッションにも合う。

・「apple watch=高級・おしゃれ」というイメージがついており、ファッションに最適。

ひとつずつ解説します。

 

理由1:ファッションに応じて、apple watchのテイストを自由に変えられる。

ぶっちゃけこれが1番です。

こんな風に変えられます。

・腕のバンドを自由にお手軽に変えられる。

・文字盤のデザインを自由にお手軽に変えられる。

こんなかんじ。

「自由にお手軽に」というのがポイントです。

 

✔︎腕のバンドを自由にお手軽に変えられる。

apple watchの場合、裏側のボタンを押すだけで、簡単に腕バンドを外せます。

また、なぜかは不明ですが、apple watchの付け替えバンドは、amazonなどの通販サイトで買うと、1,000円~2,000円くらいの間で安く購入できます。

 

いづれも普通の腕時計にはないメリットですね。

実際に僕もapple watchを購入してから4本くらい換えのバンドを購入しています。

バンドのデザインも幅が広いので、いろんなファッションコーディネートにも合わせやすいです。

「自由にお手軽に」デザインテイストを変えられるのはうれしいですね。

 

✔︎文字盤のデザインを自由にお手軽に変えられる。

文字盤のデザインは24種類あり、その一つひとつデザインのレイアウトをけっこう細かく調整することが可能です。

ちなみに僕の文字盤はこんなかんじ。

文字盤

どんなファッションにでも合わせやすいシンプルなデザインにしています。

バンドとの相性も、このデザインが1番しっくりきました。

 

理由2:apple watchは主張しすぎないデザインだから、どんなコーディネートにも合う。

一見主張が強めなapple watchですが、案外目立ちません(笑

実際にapple watchをつけたまま友人に会っても、ほとんど気づいてくれませんでした。

なので、普通にapple watchをつけているだけなら、ファッションコーディネートの邪魔はしないので、わりとどんなコーディネートにも合いやすいです。

apple watchを持っていない方は、意外な事実かもしれませんね。

 

理由3:「apple watch=高級・おしゃれ」というイメージがついてる。

つけているだけで、いい印象を持たれます。

ちなみに、NG理由と外れますが、apple watchを身につけていると瞬間的に注目の的になります。

理由もシンプル。

・apple watchはオシャレだけど、高いし買えない。

ぶっちゃけ、apple watchって高いですよね。

シリーズによっては値段も50,000円以上するので、Iphoneやipadに比べてお金を出して買う人は少数派です。

そのため、まわりが手を出せないapple watchをつけていると、かなり注目されます。

 

ちなみに僕は今地方暮らしですが、都会に比べてapple watch使用率もかなり少ないです。

結果、注目度さらに高まります。

地方暮らしの方は、apple watchの恩恵が特に得られます(`・ω・´)ゞ

 

以上が、apple watchにはNGファッションが存在しない理由です。

考えれば単純ですが、Apple商品はそれ自体がかっこいいので、ダサくなりにくいのは当然ですよね。

 

2:ファッション性を高める、apple watch専用バンドの選び方を解説。

時計

選ぶポイントは次のとおり。

「メタル・革・ラバー」計3つの素材のバンドを購入する。

こんな感じ。

3つの素材ごとに、それぞれ好きなデザインを選べばOK。

ちなみに僕はこの3つを頻繁に使用しています。

apple watch

ever shop|Apple Watch Band EV-018

価格:2,748円(税込)

 

apple watch

Dalinch Apple Watch

価格:1,599円(税込)

 

apple watch

BRG コンパチブル apple watch

価格:1,498円(税込)

 

僕はシンプル系のファッションが多いので、ラバーは購入せず「メタル・革」で揃えました。

お気に入りはライトブラウンの革のバンドで、主張が強くないapple watchも、このバンドで一気に華がでます。

コーディネートにアクセントを加えたい人は、色付きのバンドがおすすめですよ。

パッケージ

 

✔︎apple watchのケースは、唯一これがおすすめ。

ぶっちゃけますが、バンドと違い市販されているapple watchケースは、ほとんどがNGです。

理由もシンプル。

・市販のケースはラバー素材が多く、見た目が一気に安っぽくなる。

すみません、個人的な意見なのでご了承ください。

なぜかは不明ですが、apple watchケースはラバー素材がほとんどです。

サイトの写真は一見かっこよさそうですが、実際に購入してつけてみると、かなり安っぽく見えます。

3回買い直してやっと落ち着いたのがこのケース。

 

Compatible with Apple Watch Case Cover

価格:998円(税込)

 

プラスチック製ですが、市販ケースの中では1番優秀でした。

上で紹介した写真はすでのこのケースを着用しているapple watchです。

好みは個人で違うと思うので、あくまでご参考程度に。

 

3:【デザイナー向け】apple watchがデザイナーにおすすめな理由。

ビジネスマン

デザイナーがapple watchを身につけるメリットは下記のとおり。

・自分の作品に信頼感が上乗せされる。

こんな感じ。

僕は以前の記事で、こんなことを言っていました。

ダサい格好のデザイナーから、「私がデザインするものは良いデザインですよ!」と言われても、信ぴょう性がない。

デザイナー向けにリュックの紹介をした、記事の一文です。

デザイナーにおすすめのビジネスリュックと選び方を紹介。

いろんな意見があると思いますが、デザイナーであれば、たとえお金がなくても自分の身なりにお金をかけるべきだと思っています。

 

理由もシンプルで、上で述べたとおり、ダサい格好のデザイナーに「僕が作ったデザインは良いものですよ!」と言われても、説得力に欠けるから。

冒頭でも述べましたが、apple watchは「おしゃれ・高級」と認知している人が多いので、身につけるだけで、ファッション性が格段に高くなります。

 

ちょっとお高い買い物かもしれませんが、がんばってapple watchを購入してみるのをおすすめします。

 

4:まとめ

ジャンプ

というわけで今回は以上です。

最後にぶっちゃけますが、apple watchの機能自体は「3つくらいしか実用性のある機能はない」と感じています。

しかし、それを差し引いても「ファッション性」「注目を得れる」という恩恵は、デザイナーにとってかなり大きいと感じています。

強制ではまったくないので、apple watchに興味が出てきた方はぜひ検討してみてくださいね(`・ω・´)ゞ

 

Design is easy!

【独学方法あり】デザインで稼ぐために必要な受注のコツ【副業も紹介】

The following two tabs change content below.
taka
【管理人】名前:taka【生い立ち】1:新卒で、超大手の小売企業に就職 → 2:在籍中にデザインに目覚め、独学でデザインを学ぶ → 3:上京し、デザイン事務所で「武者修行」を開始 → 4:大都会を前に、圧倒的な「敗北感&挫折」と「体調不良」を味わう → 5:まわりの仲間や家族の救いで、闇から脱出 → 6:フリーデザイナーとして無事独立。 現在は、「専属契約 2社(計40万くらい)」と「単発制作 月15万円くらい」で生活中です(`・ω・´)ゞわりと、自由で、幸せな暮らしが手に入りました。

Copyright© デザインのコツ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.