デザイナーになる方法

photoshopの独学は難しいから不可能。現役12年のプロが教える、最短で身につくphotoshop勉強術。

投稿日:2019年5月7日 更新日:

 

photoshopの独学が、「難しい」と感じている人向け。

 

「photoshopの独学は難しい!どうして?」

「楽しく身につくphotoshopの独学方法を知りたい。」

「独学でwebデザイナーになる方法を知りたい。」

「photoshopを最安で購入する方法を教えて!」

 

こんな悩みを解消していきます。

 

※この記事は3分くらいで読み終わります。

読み終える頃には、photoshopの独学方法が理解できます(`・ω・´)ゞ

 

本記事の内容

1:【事実】photoshopの独学が「難しい」と感じる理由とは。

2:【脱・難しい】楽しく身につくphotoshopの独学方法を紹介。

3:【難しいと思われがち】独学でwebデザイナーになる方法を紹介。

4:【独学必需品】値引きが難しいphotoshopを最安で購入する方法とは。

 

こんにちは!takaです。

グラフィックデザイナー・クリエイティブディレクター歴12年。

独学でデザインを勉強したのちデザイン事務所に就職→フリーランスとして暮らしています。

 

今日のお話は「photoshopのスキルが身につく独学方法」について。

僕も最初は独学でphotoshopを学びましたが、Illustratorにくらべて「難しい」と感じていました。

 

現役のデザイナーとなった今思い起こすと、難しいと感じたのには、「ある1つの理由」が原因でした。

 

今回は、過去の経験談を踏まえながら、「独学でも楽しく身につくphotoshop最短学習術」をレクチャーします。

 

1:【事実】photoshopの独学が「難しい」と感じる理由とは。

登山

 

「難しい」と感じる流れは、下記のかんじ。

 

1:本を買って独学するか。

2:ひととおり本の内容は独学したけど、まだ使用してない機能もあって不安だな。

3:使用してない機能を使ってみるか。

4:なんか操作が難しくなってきたな。まだ勉強してない機能もあるしヤバイな。

5:どこまで勉強すれば終わるんだろう…

6:ヤバイ、終わりが見えない。

7:どこまで勉強すればいいのか、誰か教えてくれ!!!

 

こんな感じ。

つまり、勉強が進むにつれて難しくなってくるし、独学の終わりも見えないから地獄です。

 

深掘りして、解説します。

 

✔︎【原因】photoshopを独学すると、ゴールが見えないから「難しい」と感じる。

 

photoshopを独学するときの「特有の悩み」です。

 

「どの程度までスキルを身につければ良いか」のゴールが見えないため、「難しい」と感じやすいです。

 

特に、市販本だけで学ぶと明確なゴールを教えてくれる人がいないので、この悩みにぶつかりやすくなります。

 

次の項で、楽しく学べて、挫折しにくいphotoshop勉強術をレクチャーします。

 

2:【脱・難しい】楽しく身につくphotoshopの独学方法を紹介。

幻想

 

楽しく身につく方法は、下記の3つ。

 

1:市販本を購入して、本の内容をひととおり実践してみる。

2:自分の作りたい合成作品を1つだけ作ってみる。

 

たったこれだけです。

詳しく解説します。

 

独学方法1:市販本を購入して、本の内容をひととおり実践してみる。

 

まずは市販本に書かれている操作方法を実践すればOKです。

 

理由もシンプル。

 

・デザインの現場では、市販本に書かれている内容を主に使用しているから。

 

けっこう意外ですよね。

 

そもそも、プロのデザイナーでもすべての機能を使用しているわけではありません。

 

これは経験談ですが、そこそこベテランのデザイナーでも、photoshopの機能全てを理解してているデザイナーは少なかったです。

また、わからない機能や操作方法がかれば、みんなググっていましたね。

 

✔︎少ない知識でデザイナーになっても、現場で困ることはないの?

 

結論を言うと、万が一わからない部分が出てきても、こっそりググって作業すればOKです。

デザインの逆引き本を持ち込めばこっそり解決もできます。

 

ちなみに僕もそうしていました(`・ω・´)ゞ

 

デザインの現場では、ググる作業や本を見る行為は日常茶飯事なので、そんなに違和感もありません。

意外な事実かもしれませんが、独学の最初のゴールイメージは「市販本をやりきるくらい」でOKです。

 

独学方法2:photoshopで自分の作りたい合成作品を1つだけ作ってみる。【難しいレベルの必要はない】

 

合成作品であれば、なんでもOKです。

 

合成レベルの基準は、下のサイトで紹介されているくらいでOKです。

 

>合成写真をすばやく自然に仕上げる方法

 

ぶっちゃけ、ググりながら勉強すれば、誰にでも作れるレベルです。

 

また、合成作品を作ると良い理由は、下記のとおり。

 

・デザインの現場では、レタッチや合成作業がメインになる。

・なので、合成作品を作れば自然と実務レベルが身につく。

 

こんなかんじ。

 

デザインの現場では、「レタッチ・写真の切り抜き・写真合成」の3つがほとんどです。

 

そして、合成作品を作る場合、「レタッチ・写真の切り抜き・写真合成」のいずれかが含まれるので、実戦で使えるスキルが効率的に身につきます。

 

まずは、自分の作ってみたい作品を見つけて、合成作品をつくってみましょう(`・ω・´)ゞ

 

独学方法3:photoshopで、自分の作りたい合成作品ができたらゴール【難しい部分はググればOK】

 

合成作品ができたら、「photoshopの操作スキルは備わった」と考えてOKかと。

 

理由も、先に述べたとおり、「デザインの現場ではレタッチや合成作業がメイン」だから。

 

さらに言うと、実際に働くと、わからないことは「100%」発生します。

 

しつこいようですが、わからない部分はこっそりググればいいですし、デザインの逆引き本を持ち込めばこっそり解決もできます。

 

なので、あまり不安になることはありません(`・ω・´)ゞ

 

✔︎独学のコツは、「楽しく学ぶ」が1番効果的。

 

理由もシンプル。

 

・人は「楽しいこと」だと、飲み込みが早いから。

 

シンプルですね。

そして、独学で楽しく勉強する方法は、合成作品が1番かな。と思います。

 

理由も単純。

 

「合成写真って、作ってると面白くないですか?(笑」

 

例えば僕は、「合成写真って、どうやって作ってるんだろう?」と不思議に思っていました。

 

実際に合成していくと、「こんな風に合成するんだ!」「アイドルの写真集とかも、こうやってシミとかシワを消してるんだな(笑」とか、楽しみながら勉強していた気がします。

 

なので、合成作品を作る場合は、「楽しみながら操作する」という気持ちで取り組んだほうが飽きないですし、途中で挫折もしにくいです。

 

これからphotoshopを独学する方は、「楽しみながら」を忘れないでくださいね(`・ω・´)ゞ

 

3:【難しいと思われがち】独学でwebデザイナーになる方法を紹介。

ビジネスマン

 

下記に、独学でwebデザイナーになる方法を掲載しています。

 

一見、独学でwebデザイナーのなるのは「難しい」と思われがちですが、正しい手順を踏めばwebデザイナーになることは可能です。

 

【学習時間が短いと失敗する】独学でwebデザイナーになる方法を紹介

 

【自宅でたった一人でできる!】1年半の学習時間でwebデザイナーになる方法。

 

4:【独学必需品】値引きが難しいphotoshopを最安で購入する方法とは。

赤ちゃん

 

photoshopを購入する場合、つぎの3パターンがあります。

 

・amazonでソフトのコードを購入する。

・adobeの公式サイトで契約する。

・オンラインスクールの生徒になる。

 

結論から言うと、3つ目のオンラインスクールだと「最安」で購入できる場合があります。

 

下記は、Illustratorを最安で購入できる方法をまとめた記事ですが、photoshopを購入する時も参考になります。

オンラインスクールで購入するポイントも掲載しているので、ぜひご一読を(`・ω・´)ゞ

 

【デザインに挑戦したい!】アドビ イラストレーターのソフトを半額価格で購入する方法。

 

5:まとめ

ジャンプ

 

というわけで今回は以上です。

 

独学でphotoshopを勉強するコツは「楽しみながら合成作品を作ること」がポイントです。

 

デザインのコツでは、これからも独学の方法を随時公開していくので、デザインビギナーの方はぜひブックマークを(`・ω・´)ゞ

 

Design is easy!

The following two tabs change content below.
taka
【管理人】名前:taka【生い立ち】1:新卒で、超大手の小売企業に就職 → 2:在籍中にデザインに目覚め、独学でデザインを学ぶ → 3:上京し、デザイン事務所で「武者修行」を開始 → 4:大都会を前に、圧倒的な「敗北感&挫折」と「体調不良」を味わう → 5:まわりの仲間や家族の救いで、闇から脱出 → 6:フリーデザイナーとして無事独立。 現在は、「専属契約 2社(計40万くらい)」と「単発制作 月15万円くらい」で生活中です(`・ω・´)ゞわりと、自由で、幸せな暮らしが手に入りました。

Copyright© デザインのコツ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.