デザインのコツ デザインソフト

【このままだと求人条件で不採用】photoshopを実務レベルにする独学方法とは。

投稿日:

ジャンプ

photoshopを実務レベルまで上げる、独学方法を知りたい人向け。

「求人に書かれている、実務レベルってどれくらい?」

「photoshopを実務レベルまで上げる独学のコツを知りたい」

「実務レベルまで上げるための、おすすめ本を知りたい」

「独学でwebデザイナーになるための方法を知りたい」

こんな疑問を解消していきます。

 

※この記事は3分くらいで読み終わります。

読み終える頃には、photoshopを実務レベルまで上げる、独学方法が理解できます(`・ω・´)ゞ

 

本記事の内容

1:求人に書かれている「photoshopを実務レベルでこなせる」の、本当の意味とは。

2:photoshopのスキルを、実務レベルまで引き上げる独学方法を紹介。

3:独学でphotoshopのスキルを実務レベルまで上げる、おすすめ本を紹介。

4:photoshopのスキルを実務レベルまであげつつ、独学でwebデザイナーになるための方法を紹介。

 

こんにちは!takaです。

グラフィックデザイナー・クリエイティブディレクター歴12年。

独学でデザインを勉強したのちデザイン事務所に就職→フリーランスとして暮らしています。

 

今日のお話は「photoshopを実務レベルまで上げる独学方法」について。

独学でデザイナーを目指している方は、わりと知りたい情報かと。

ちなみに、僕も独学でデザイナーを目指していた頃は、「実務レベルってどれくらいだよ!」と、ずっと疑問に感じていました。

今回は、デザインの現場を体験した経験をもとに、photoshopを実務レベルまで上げる独学方法をレクチャーします。

 

1:求人に書かれている「photoshopを実務レベルでこなせる」の、本当の意味とは。

ビジネスマン

このセリフの多くは、こんな意味が込められています。

・実務レベルの基準をうまく説明できないから、実際に会って教えてください。

こんなかんじ。

全てではありませんが、このセリフのほとんどはこんな感じかと。

詳しく説明します。

 

✔︎じつは企業もあいまい!?photoshopの実務レベルの基準。

企業があいまいになる理由は、こんなかんじ。

・制作物に応じて、使用する機能や技術レベルが変化するから、明確な基準を定められない。

わりと事実です。

 

photoshopでポスターやチラシを制作した人なら分かりますが、制作物によって、使用する機能や加工技術のレベルは大きく異なってきます。

なのでシンプルな話、企業も明確な実務レベルの基準を定めることができません。

 

✔︎企業はどこまで求めてる!?photoshopの実務レベルの基準。

求めている実務レベルは、こんなかんじ。

・秀逸なデザインが作れればOKだよ。

シンプルですね。

 

企業側の目線で考えればイメージしやすいですが、どの企業も「いいデザインを作れる人がほしい」と考えるはず。

なので極端な話、秀逸なデザインが作れれば、photoshopのスキルはそれほど高くなくてもOKです。

 

以上が「photoshopを実務レベルでこなせる」の本当の意味です。

次の項で、実務レベルまで引き上げる独学方法をレクチャーします。

 

2:photoshopのスキルを、実務レベルまで引き上げる独学方法を紹介。

ヘッドホン

独学のコツは、たったひとつ。

・「レタッチ・写真の切抜き・写真合成」の3つを学ぶこと。

たった、これだけです。

詳しく解説します。

 

✔︎3つのスキルを抑えるだけで実務レベルに。いったいなぜ?

理由もシンプル。

・デザインの現場では、「レタッチ・写真の切抜き・写真合成」の作業がほとんどだから。

わりと事実です。

 

僕もデザイン事務所を経験してますが、ほとんどの作業がこれでした。

また、異なる作業が発生したとしても、分からなければググったり本を見たりして情報収集し、わりと楽にしのいでいました。

 

お気付きの人もいそうですが、この3つは市販のレクチャー本を一冊まるまるやりきれば、ほとんど身につくレベルです。

なので、photoshopはIllustratorにくらべて、独学に適したデザインソフトだと言えます。

 

ちなみに、おすすめする独学の手順はこんなかんじ。

1:市販のレクチャー本を、一冊まるまるやりきる。

2:合成作品をひとつだけ作ってみる。

こんなかんじ。

具体的な方法を下の記事にまとめました。

これの方法を知らないでむやみに勉強し続けると、デザイナーまでの道が遠のきやすいです。

詳しく知りたい方は、ぜひどうぞ。

photoshopの独学は難しいから不可能。現役12年のプロが教える、最短で身につくphotoshop勉強術。

 

3:独学でphotoshopのスキルを実務レベルまで上げる、おすすめ本を紹介。

子供

おすすめの本を、2つご紹介します。

photoshopの独学のお供にぜひ(`・ω・´)ゞ

 

おすすめ本1:はじめに学ぶレクチャー本はこれでOK。

>デザインの学校 これからはじめるPhotoshopの本

Photoshopビギナーの方でも、迷うことなく操作できるよう、丁寧に解説されている良本です。

すべて内容を確認しましたが、操作方法もしっかり網羅されていて、実務でも通用する内容だと思います。

 

おすすめ本2:合成写真をつくる方法がぎっしり詰まった神本。

>Photoshop レタッチ&合成の秘訣

控えめに言って、「神本」だと思っています。

理由もシンプルで、「実際の合成方法」くわしく丁寧に紹介されているから。

 

冒頭で「合成作品を作るべし」と紹介しましたが、この本の中から作品を2~3個選んで作ってもOKです。

僕も今だに参考にしている、神本です。

 

4:photoshopのスキルを実務レベルまであげつつ、独学でwebデザイナーになるための方法を紹介。

パソコン

独学でwebデザイナーになる方法を下の記事で紹介しています。

先に少しネタバレすると、独学の手順はつぎのとおり。

1:グラフィックデザインの基礎を独学する。

2:プログラミングをちょっとかじる。

3:実際にwebデザインを作ってみる。

4:SEOの知識を独学してみる。

こんなかんじ。

各手順ごとに、独学ポイントも掲載しています。

webデザイナーの夢まで、遠回りしたくない方はぜひご一読を(`・ω・´)ゞ

【学習時間が短いと失敗する】独学でwebデザイナーになる方法を紹介

 

5:まとめ

ジャンプ

というわけで今回は以上です。

事実として、求人に書かれている「実務レベル」は意外と低いです。

実務で必要なphotoshopの操作レベルは、独学で身につけることは可能です。

デザインのコツでは、これからも独学の方法を随時公開していくので、デザインビギナーの方はぜひブックマークを(`・ω・´)ゞ

Design is easy!

【独学方法あり】デザインで稼ぐために必要な受注のコツ【副業も紹介】

The following two tabs change content below.
taka
【管理人】名前:taka【生い立ち】1:新卒で、超大手の小売企業に就職 → 2:在籍中にデザインに目覚め、独学でデザインを学ぶ → 3:上京し、デザイン事務所で「武者修行」を開始 → 4:大都会を前に、圧倒的な「敗北感&挫折」と「体調不良」を味わう → 5:まわりの仲間や家族の救いで、闇から脱出 → 6:フリーデザイナーとして無事独立。 現在は、「専属契約 2社(計40万くらい)」と「単発制作 月15万円くらい」で生活中です(`・ω・´)ゞわりと、自由で、幸せな暮らしが手に入りました。

Copyright© デザインのコツ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.