デザイナーになる方法

【事実】40歳からデザイナーになって「できること・できないこと」を解説。

投稿日:2019年7月13日 更新日:

登山

 

40歳からデザイナーになって、人生再スタートしたい人へ。

 

「40歳からデザイナーになれるの?」
「デザイナーになった後の、未来が知りたい。」
「40歳からデザインを学べる、オンライン講座が知りたい。」

 

こんな疑問を、解消していきます。

 

※この記事は、3分くらいで読み終わります。
読み終える頃には、40歳からデザイナーになるコツが理解できるはず(`・ω・´)ゞ

 

本記事の内容
1:【疑問】40歳からデザイナーになれるのか?
2:【残酷】40歳からデザイナーになったら、「できないこと」を解説。
3:【お金】40歳からデザイナーになって、「できること」を解説。
4:40歳からデザイナーになれる、おすすめオンライン講座を紹介。

 

こんにちは!takaです。

グラフィックデザイナー・クリエイティブディレクター歴12年。

毎月40~50万くらい稼ぎつつ、フリーランスとして生きてます。

 

今回は、「40歳からデザイナーになったらできること・できないこと」について。

 

僕はデザイナーになる以前、デザインとかけ離れた職についてました。
そして、地道に独学し、デザイナーに転身しました。

 

デザイナーになりたての頃は、東京のデザイン事務所に務めてましたが、周囲のデザイナーと「技術の差」がありすぎて、3年くらい挫折していました。

 

ですが、雑魚なりに、挫折しつつ粘り強くデザイナーを続けていたら、徐々に楽になりはじめ、フリーランスで「月40~50万くらい」稼げるようになりました(`・ω・´)ゞ
※専属契約2件で約40万、単体制作で15万くらい。

 

今回は、過去の実体験をもとに、40歳からデザイナーになって「できること・できないこと」をレクチャーしていきます。

 

1:【疑問】40歳からデザイナーになれるのか?

星空

 

結論は、下記のとおり。

 

・デザイナー→なれない。
・webデザイナー→なれる。

 

こんなかんじ。

 

ちなみに、この記事でいうデザイナーは、「チラシ・ポスター・名刺・パンフレット・ロゴ」などをデザインする「グラフィックデザイナー」を指します。

詳しく、解説していきます。

 

事実1:40歳からデザイナーになるのは不可能。

 

残念ですが、不可能です。

理由も、シンプル。

 

・物理的に遅い。
・デザイナーは「技術職」だから、技術習得に時間がかかる。
・クリエイティブな脳の活動は、40歳までがピークだから。

 

こんなかんじ。

すこし、解説します。

 

✔︎理由1:物理的に遅い。

 

そもそも論ですが、40歳から何かを習得するのって、かなりしんどいですよね。

 

趣味ならいいですが、プロとしてお金をもらうなら、それなりのスキルが必要ですし、イチから始めるのはかなりシンドイはず。

 

40歳になると、体力・気力も落ち始めているので、現実はかなりしんどいかと。

 

40歳からデザイナーを目指すのは、物理的に遅いので、違う職業を探しましょう。

 

✔︎理由2:デザイナーは「技術職」だから、技術習得に時間がかかる。

 

あまり知られてませんが、デザイナーは「技術職」です。

イメージでいうと、陶芸家とか大工に近いですね。

 

一見、簡単そうに見えるデザインも、実際はたくさんの「技術・労力・デザイナーのこだわり」が詰まっています。

 

例えば、下の記事で紹介されているとおり、シンプルなロゴマークも「平均100案」くらい試行錯誤を重ね、作り上げられています。

 

>【FICC:グラフィックデザイナーに学ぶ、表現の幅を広げるためのヒント】

 

広い知識と、圧倒的な作業量が必要となるデザイナーは、完全に「技術職」です。

 

またデザイナーは、心や体に大きく負担がかかる職業なので、年齢的にもあまりおすすめできません。

 

40歳から技術者になるのは不可能なので、別の道を模索しましょう。

 

✔︎理由3:クリエイティブな脳の活動は、40歳までがピークだから。

 

これは、ノースウェスタン大学の「ジャミン・ジョーンズ教授」が研究結果として公表しており、「35歳~40歳の間に、クリエイティブな脳の活動はピークを迎える」と、断言しています。

 

詳しくは、「Gigazine」というサイトで紹介されています。

 

例えるなら、30代でプロのサッカー選手を目指す感じですね。

 

控えめに言って、無理ゲーなので、40歳からデザイナーを目指すのは、やめましょう。

 

事実2:40歳からwebデザイナーになるのは可能。

 

すみません。

手のひらを返すようですが、40歳からでもwebデザイナーになるのは「可能」です。

 

理由もシンプル。

 

・今、webデザイナーが不足している。
・デザインの基礎を学べば、かっこいいwebデザインは作りやすい。
・SEOを学べば、世の中のwebデザイナーより「優秀」になれる。

 

こんなかんじ。

詳しく解説します。

 

理由1:世の中のwebデザイナーが不足している。

 

そもそも、かなり需要があります。

 

下の記事でも紹介してますが、保育士並みに、人手が不足しています。

 

【人生リセット】実践すべきwebデザイナーの将来設計を紹介【本質】

 

そもそも人手が足りないので、webデザイナーは、比較的なりやすい職業だと言えます。

 

理由2:デザインの基礎を学べば、かっこいいwebデザインは作りやすい。

 

わりと事実です。

ちなみに、かっこいいwebデザインは、下記の要素で成り立っています。

 

・美しい文字組み
・正しい余白の取り方
・正しい配色
・秀逸な写真やイラスト素材

 

こんなかんじ。

例えば、下記のwebは「Egg Forward」さんのサイトですが、かなりかっこいいです。

 

>【Egg Forward】

 

誰が見ても、好感がもてるサイトですよね。

そして、このかっこよさのベースになっているのは、「文字組み・余白・配色」の3つで、これらは40歳をすぎても習得できる技術です。

 

 

ちなみに、秀逸な写真やイラスト素材は、有料の素材サイトを利用すれば、問題なしです。

 

✔︎余談:デザインのセンスは、知識によって磨くことができます【後天的でOK】

 

デザインセンスは、40歳を過ぎた人でも、一定のレベルまでは身につけることが可能です。

このことは、デザインの神「水野学」さんの本にも書かれています。

 

>【センスは知識からはじまる】
水野学 (著)

 

水野学さんは、「くまモン」や「docomo iD」といった、有名すぎるデザインを数多く生み出している方なので、信憑性はかなりあるはず。

 

40歳からデザインを職業にしたい方は、WEBデザイナーを目指しましょう。

 

理由3:SEOを学べば、世の中のwebデザイナーより「優秀」になれる。

 

理由も、シンプル。

 

・webデザイナーは、SEOのノウハウを身につけていない場合が多い。
・逆にクライアントは、デザイン性よりも、SEOに価値を求めている。

 

こんなかんじ。

 

ちなみSEOとは、ざっくりいうと「サイトを検索結果で上位に表示する」ことです。

例えばGoogleで、「デザイン_アイデア」と検索したら僕のサイトが上位表示されます。
これがSEOです。

 

✔︎SEOは、独学でも身につけることが可能です。

僕は独学でSEOを学びました。

本を10冊くらい読み、50記事くらいブログを書き、100回くらい挫折したら、わりとノウハウが身につきました。

もうすぐ、月間で「10,000PV」が見えてきました(`・ω・´)ゞ

※9月28日の時点で、13,000PVを超えました。

 

 

世の中のwebデザイナーは、SEOに興味がなく、学ぶ人が少ないので、わりと楽に「優秀」になれます。

40歳からデザインを職業にしたい方は、WEBデザイナーを目指しましょう。

 

【残酷】40歳からデザイナー(webデザイナー)になって、「できないこと」を解説。

裏路地

 

「できないこと」は、つぎの2つ。

 

・有名なデザイナーになって、ブイブイ言わせる。
・未経験から、デザイン事務所に転職する。

 

詳しく、解説します。

 

理由1:有名なデザイナーになって、ブイブイ言わせる。

 

これは、マジであきらめましょう。

理由もシンプル。

 

・有名なデザイナーは、若いときからデザインに命を注いできたから。

 

当たり前すぎる話ですが、有名なデザイナーは、若い人では高校生のころから、デザインに命を注いでいます。

また、デザイナーは毎日12時間くらいパソコンの前にいるのも、少なくありません。

 

なので、今から彼ら彼女らに勝つのは、マジで無理ゲーです。

 

例えるなら、40歳でゴルフをはじめて、タイガーウッズに勝とうとするかんじ。

 

有名なデザイナーになるには、遅すぎたチャレンジなので、あきらめることをおすすめします。

 

理由2:未経験から、デザイン事務所に転職する。

 

これも、無理です。

理由もシンプル。

 

・未経験の40歳を雇うのは、雇う側の会社にリスクがあるから。

 

客観的に考えればわかりますが、40歳で未経験は、会社的にしんどいですよね。

もし雇うなら、働き盛りの30歳くらいの経験者を選ぶはず。

 

✔︎デザイン事務所に入れないなら、そのままwebデザイナーとして独立してOKです。

 

先に解説したとおり、webデザイナーは人手不足なので、そのまま独立しても稼ぐことは可能です。

 

下の記事に、フリーランスで稼ぐコツと、マインドセットを紹介しています。
3分くらいで読めるので、デザインで稼ぎたい人は読んでおくのをおすすめします。

 

 

令和における、デザインの役割とは。【今後の未来も語る】

 

ちなみに僕の現在の収入は、「専属契約 2社(計40万くらい)」と「単発制作 月15万円くらい」です。

わりと、自由で、幸せな暮らしが手に入りました(`・ω・´)ゞ

 

【お金】40歳からデザイナー(webデザイナー)になって、「できること」を解説。

海と家族

 

「できること」は、つぎの2つ。

 

・月収40~50万くらい稼ぐ。
・誇れる自分になれる。

 

こんななんじ。

ひとつずつ、解説します。

 

理由1:月収40~50万くらい稼ぐ。

 

わりと事実です。

きちんとデザインの基礎を学んで、それなりにかっこいいデザインが作れれば、月に40~50万くらいは稼げます。

 

WEBサイトの制作費を例にすると、内訳のイメージは下記のかんじ。

 

・1ページのデザイン:40,000円
・40,000円×10ページ=400,000円

 

40,000円で無理なら、30,000円でもOKです。

ちなみに、WEBサイトは1サイトあたり7~10ページくらいの規模が一般的なので、300,000円くらいなら、わりと楽に稼げまず。

 

僕は30代ですが、週休2日くらいのペースで、月に40~50万は稼いでます。

40歳からデザイナーになって、人生再スタートしたい人は、webデザイナーがおすすめです。

 

理由2:誇れる自分になれる。

 

これは賛否両論あるかもですが、僕はデザイナーになって、誇れる自分になれました。

 

理由もシンプル。

 

・自分一人の力で、お金を生み出せるようになった。
・心を病むくらい挫折しつつも、がんばってデザイナーになれた。

 

こんなかんじ。

 

雇われサラリーマンだった頃に比べると、圧倒的に気持ちが変わりました。

 

✔︎僕も昔は、事務系サラリーマンで、毎日息苦しかったです。

 

僕は独学でデザイナーに転身し、転身後は、東京で挫折しまくりながらデザイナーになった人間です(`・ω・´)ゞ

 

そして、事務系サラリーマンだった頃は、マジで毎日が息苦しく、檻の中で飼われてる感MAXでした。

 

そう感じていた理由もシンプル。

 

・どんなに頑張って、会社のために働いても、固定された給料しかもらえない。
・なんか、自分の職種に対して、テンションが上がらない。

 

こんなかんじ。

 

意外と、そう感じているサラリーマンも、少なくないと思います。

 

デザイナーになってお金を稼ぐようになるのが、全てではないですが、
がんばってチャレンジしてみたら、わりと心とお金が、楽になりました。

 

✔︎40歳からデザイナーになりたい人へ、メッセージ。

 

この記事を読んでいる方は、人生や家族・お金・こども・恋人とか、何かしらの悩みを抱えているから、デザイナーになりたいんじゃないかな。と思っています。

 

40歳からデザイナーに転身するのは、実際にはたいへんです。

ですが、あきらめずにがんばり続ければ、道はひらけると思います。

 

※現に僕も、貧乏デザイナーで絶望していた頃は、終電を逃したら新宿の路上で寝つつ、始発で帰る。みたいなこともやっていました。

 

本気でデザイナーになりたい方は、いつでも無料でご相談に応じるので、気軽にメッセージを(`・ω・´)ゞ

 

メッセージ

 

【即実行】40歳からデザイナーになれる、おすすめオンライン講座を紹介。

女性

 

最後に、webデザインを学べる、オンライン講座を紹介します。

 

オンライン講座1:短期間で学びたい方におすすめ。

>【TECH ACADEMY】

【オンライン講座のポイント】

・受講期間:16週間

・受講形式:テキスト/メンタリング/チャットサポート

・受講料金:279,000円(税込)

・受講後のフォロー:web制作案件の紹介サービスあり。

 

オンライン講座2:マンツーマンの個人レッスンが受けられる。

>【CodeCamps】

【オンライン講座のポイント】

・受講期間:6ヶ月

・受講形式:マンツーマン(7時~23時40分まで)

・受講料金:298,000円(税込)

・受講後のフォロー:専門キャリアアドバイザーによるサポート。

 

オンライン講座3:受講後の手厚いフォローが魅力。

>【デジハリオンラインスクール】

【オンライン講座のポイント】

・受講期間:全7ヶ月

・受講形式:動画/ライブ授業

・受講料金:386,640円(税込)※定員あり

・受講後のフォロー:フリーランス案件紹介/彦位階求人サイト利用/個別相談

 

オンライン講座4:webデザインを副業にしたい人ならここ。

>【GEEK GIRL LABO】

【オンライン講座のポイント】

・受講期間:一ヶ月間

・受講形式:テキスト/課題提出

・受講料金:139,000円(税込)

・受講後のフォロー:受講中に仕事を開始。転職サポートあり。

 

オンライン講座5:大手のサービスを受けたいならここ。

 

>【たのまな】

【オンライン講座のポイント】

・受講期間:約5ヶ月

・受講形式:DVD /副読本

・受講料金:144,000円(税込)

・受講後のフォロー:なし

 

以上です。

 

ちなみに、下記の記事で、今回紹介したオンライン講座のポイントや、独学でwebデザイナーになる方法を紹介しています。

ご参考にどうぞ。

 

【学習時間が短いと失敗する】独学でwebデザイナーになる方法を紹介

 

4:まとめ

バスケット

 

というわけで、今回は以上です。

 

40歳からデザイナーを目指すのはしんどいですが、努力すれば、だれにでもなれるチャンスはあると思います。

 

ひきつづき、毎日努力を積み上げていきましょう!(`・ω・´)ゞ

 

Design is easy!

The following two tabs change content below.
taka
【管理人】名前:taka【生い立ち】1:新卒で、超大手の小売企業に就職 → 2:在籍中にデザインに目覚め、独学でデザインを学ぶ → 3:上京し、デザイン事務所で「武者修行」を開始 → 4:大都会を前に、圧倒的な「敗北感&挫折」と「体調不良」を味わう → 5:まわりの仲間や家族の救いで、闇から脱出 → 6:フリーデザイナーとして無事独立。 現在は、「専属契約 2社(計40万くらい)」と「単発制作 月15万円くらい」で生活中です(`・ω・´)ゞわりと、自由で、幸せな暮らしが手に入りました。

Copyright© デザインのコツ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.