心理学を使った集客術

人は動かせない?今から使える、人を動かす言葉とは【数字の力編】

投稿日:2019年10月1日 更新日:

男女と夕焼け

 

人の心を掴んで、動かしたい人向け。

 

「言葉を巧みに使って、仕事で成果を出したい」

「相手の行動を変えさせたい」

「相手と良好な関係を築きたい」

 

こんな悩みを解消していきます。

 

※この記事は、3分くらいで読み終わります。

読み終える頃には、人を動かす言葉を使えるようになるはず(`・ω・´)ゞ

 

本記事の内容

1:人を動かす言葉は存在しない?人を動かす難しさの正体とは。

2:【心理学的テク】人を動かす言葉は、数字を使うと効果がある話。

3:【心理学的テク】人を動かす言葉は、共感を利用すると効果が高まる話。

 

こんにちは!takaです。

グラフィックデザイナー・クリエイティブディレクター歴12年。

デザイン以外にもコピーライティングを手がけ、

毎月40~50万くらい稼ぎつつ生きています。

 

今回のお話は、「人を動かす言葉」について。

 

この記事を読んでいる方は、「言葉の力を使って、人の心を動かしたい」と思っている方が多いはず。

 

僕もむかし、

 

「なんとか、人を良い方向へ誘導したい」

「リーダーシップを発揮して、仕事で成果を出したい」

「言葉の力で、自分を鼓舞したい」

 

こんなことを思ってました。

 

ですが、すべて失敗しました(`・ω・´)ゞ

 

だれも自分の言葉で動いてくれないし、

名言100選みたいな張り紙をして、自分や周りを鼓舞しても、何も動かすことはできませんでした。

 

みなさんも、似た経験ありますよね。

 

実は、人を動かせない原因は「心理学的テクニック」を正しく実践できていない場合が多いです。

 

そして、これらができていないと、言葉で人を動かすことは、ほとんど不可能です。

 

今回は、過去の実体験やデータを元に、

「人を動かす言葉」と「そのテクニック」を解説していきます。

 

1:人を動かす言葉は存在しない?人を動かす難しさの正体とは。

悩む男性

 

人を動かすことが難しい理由は、シンプル。

 

・しょせん、他人だから。

 

書いてて悲しくなりますが、

深掘りして解説します。。。

 

✔︎寂しいですが、人はしょせん他人です。

 

悲しいですが、人は結局のところ「他人」です。

なので、自分の力で人の心情や性格までを変えることは、ほとんど不可能です。

 

✔︎例えば、過去に自分の心を動かし、変えることができましたか?

 

あなたは過去に、こんな目標をたてたことはありませんか?

 

・週に1冊本を読もう!

・ダイエットしよう!

・今年は資格を取ろう!

 

こんなかんじ。

 

ところが、多くの人は「途中で挫折」したり、「そもそも目標をたてたけどやれなかった」人が多いはず。

 

つまり、自分の意思で「やろう!」と意思決定しても、

自分の心を動かして、変えることができなかった。ということですよね。

 

✔︎自分を動かせないのであれば、他人はもっと動かせないです。

 

なので、人を言葉で動かすのは、ほとんど無理だと思った方が正しいです。

書いてて、寂しくなりますが、わりと事実かな。と思います。

 

✔︎どうすれば、人は言葉で動かせる?

 

正しい方法を使えば、言葉で人は動かせます。

 

方法は、下記のとおり。

 

・心理学的テクニックを使う。

 

こんなかんじ。

 

たぶん、知識としては知っていても、実践できている人は「かなり稀」です。

 

✔︎なぜ、このテクニックで動かせる?

 

理由は、下記のかんじ。

 

・心理学的テクニックを使う→相手の本能に叩き込む。

 

つまり、誘導させたい情報を本能に叩き込ませることで、

強制的に行動に移させることができます。

 

次の項では、その具体的なテクニックを詳しく解説していきます。

 

2:【心理学的テク】人を動かす言葉は、数字を使うと効果がある話。

数字

 

人を動かすには、「具体的な数字」を盛り込むと効果的です。

 

✔︎下の例で、心を動かされるのはどっちですか?

 

こんなかんじ。

 

・「人を動かす言葉を紹介」↔︎「人を動かす言葉を、文献をもとに108個紹介」

・「デザインでお金を稼ぐ方法を紹介」↔︎「デザインで、月52万円稼ぐ方法を紹介」

 

圧倒的に、右ですよね。

 

左右の差は、「具体的な数字を盛り込んでいるか」の違いです。

 

これだけの差で、圧倒的に心の揺さぶり方が変わります。

 

✔︎心理学を活用すれば、「人を動かす言葉」は作れます。

 

じつは、今回紹介した方法以外にも、人を動かす言葉の作り方があります。

 

その方法を、下記の記事にまとめているのでお時間のあるときにどうぞ。

少しネタバレすると、人を動かす言葉の作り方は、下記の5つ。

 

1:得になる情報を盛り込む。

2:新情報を盛り込む。

3:好奇心をくすぐる。

4:手軽さ盛り込む。

5:信憑性を盛り込む。

 

かなりつかえるテクニックですよ(`・ω・´)ゞ

 

【悩む時間とサヨウナラ!】科学的に証明されたキャッチコピーのフレーズの作り方とは。

 

✔︎「心理学なんて信用しない!」そんな方のために実験しました。

 

実は、このサイト内のとある記事で、「数字を使ったタイトルで、クリック数を増やすことができるのか」という実験をしました

 

その結果は、下記の記事で公開しています。

結論はいかに...!

 

本に書いてることは嘘?数字を使ったキャッチコピーの作り方を検証。

 

3:【心理学的テク】人を動かす言葉は、共感を利用すると効果が高まる話。

女性のイラスト

 

説得を試みる前に、「相手に共感してあげる」ことで、心を動かすことが可能になります。

少しディープな話なので、準をおって解説します。

 

✔︎「相手に共感してあげる」ってどういうこと?

 

詳しく言うと、下記のかんじ。

 

1:まずは、相手の持っている「考え方や価値観」に共感し、心の壁を取り除く。

2:取り除いたあとに、説得したい情報を相手に与えると、説得しやすくなる

 

例に挙げて、わかりやすく解説します。

 

例えば、毎日ファーストフードのハンバーガーばかり食べている、体重100kgの友達がいるとします。

その友達に、「ハンバーガーは健康に悪いから食べない方がいい」と、相手を説得するとします。

 

通常なら、頭ごなしに「ハンバーガーは体に悪いから食べちゃダメだよ!」と言いがちですが、猛烈に反発されます。

 

このとき、まずは相手の「考え方や価値観」に共感してあげて、そのあとに説得したい情報を相手に与えると、説得に応じやすくなります。

 

例えばこんなかんじ。

 

1:「ハンバーガーって美味しいよね!」

2:「自分も好きでビッグマックをよく食べるよ。」

3:「仕事で帰りが遅いと、夜食でつい食べちゃうよね。」

4:「自分も、仕事の帰りが遅いからよくわかるよ!」

5:「ちなみに知ってた?ハンバーガーが美味しい理由って、添加物が多いからなんだって。」

6:「添加物って、取りすぎるとガンになりやすいんだって。」

7:「このままだと人生、リアル オワコンだよ。」

8:「ハンバーガーを食べる量を減らした方がいいんじゃない?」

 

こんなかんじ。

 

少しだけ心が動いた方もいるんじゃないでしょうか。

 

この心理テクニックは、知識として何となく知っているものの、多くの人が実践できていない方法です。

 

✔︎【効果は実証済み】「デザインのコツ。」でも実践しています。

 

このサイトのブログ内でも、頻繁に使用しています。

例えば、こんなかんじ。

 

・文章の冒頭に、「読者の想いや考え」を文章にして伝える。

・自分の過去の例を元に、ストーリー形式で文書を書く。

 

わりと、効果大です。

 

例えば、一つ目の「読者の想いや考え」はこんな風に、記事の冒頭でかならず書いています。

 

「◯◯◯◯◯の方法が知りたい!」

「◯◯◯◯◯って何のこと?」

「◯◯◯◯◯ってどうすればいいの?」

 

この方法を使えば、

「あ、自分のこと分かってくれてるかも!」

と思いやすくなり、結果、説得に応じやすくなります。

 

また、ストーリー形式で書くことで、

「自分の現状や、考え方に似ているな」

と、思わせやすくし、説得したい情報が頭の中に入りやすくなります。

 

✔︎このブログの記事は、ひとつの記事で最大で25分も読まれています。

 

例えば、「デザインできないデザイナーの対処法」という記事では、「最大25分」も読まれています。

 

Googleの著作権上、画面キャプチャを掲載できませんが、リアルな数字です。

※キャプチャは保存してあるので、興味のある方はコメントください(`・ω・´)ゞ

 

また、このサイトで公開している全記事の合計閲覧時間は「3分以上」なので、

ブログ界の中では、割と長い方だと思います。

 

ちなみに、この「デザインできないデザイナーの対処法」という記事は、先ほどの2つのテクニックをかなり盛り込んだ内容です。

相手に共感しつつ、自分の体験談をストーリー形式で語っています。

 

お時間のある方は、ご一読を。

 

デザインできない、新人デザイナーの対処法【ダメ上司と言わせない】

 

4:まとめ

女性と夕焼け

 

というわけで、今回は以上です。

人を動かす言葉は、いろんなテクニックを使えば、だれにでも作ることができます。

お時間のある方は、ぜひ試してみてくださいね(`・ω・´)ゞ

 

Design is easy!

The following two tabs change content below.
taka
【管理人】名前:taka【生い立ち】1:新卒で、超大手の小売企業に就職 → 2:在籍中にデザインに目覚め、独学でデザインを学ぶ → 3:上京し、デザイン事務所で「武者修行」を開始 → 4:大都会を前に、圧倒的な「敗北感&挫折」と「体調不良」を味わう → 5:まわりの仲間や家族の救いで、闇から脱出 → 6:フリーデザイナーとして無事独立。 現在は、「専属契約 2社(計40万くらい)」と「単発制作 月15万円くらい」で生活中です(`・ω・´)ゞわりと、自由で、幸せな暮らしが手に入りました。

Copyright© デザインのコツ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.