心理学を使った集客術

本に書いてることは嘘?数字を使ったキャッチコピーの作り方を検証。

投稿日:2019年10月2日 更新日:

悩む

 

本当に効果の出るキャッチコピーの作り方を知りたい人へ。

 

「いろんなキャッチコピーの本があるけど、本当に効果あんの?」

「キャッチコピーって、なんか嘘くさい。」

「効果の出るキャッチコピーの作り方を教えて!」

 

こんな悩みを解消していきます。

 

※この記事は、3分くらいで読み終わります。

読み終える頃には、数字を使ったキャッチコピーの作り方が理解できるはず(`・ω・´)ゞ

 

本記事の内容

1:【疑問】そもそも、キャッチコピーの作り方ってどうやるの?

2:【検証】数字を利用したキャッチコピーの作り方は、本当に効果があるのか調べてみた。

3:【テク】数字を利用した、キャッチコピーの作り方を解説。

 

こんにちは!takaです。

 

グラフィックデザイナー・クリエイティブディレクター歴12年。

デザイン以外にもコピーライティングを手がけ、

毎月40~50万くらい稼ぎつつ生きています。

 

はじめに、僕はデザインを生業に仕事をしており、

キャッチコピーやコピーライティングの執筆も手がけています。

 

そして、よくキャッチコピーの作り方の本に、

 

「数字を盛り込むと、集客率がアップするよ!」

 

というテクニックを目にします。

 

そのとき、

「理屈はなんとなく分かるけど、マジで効果あんの?」

と疑問に思っていました。

 

コピーライターの方に怒られるかもですが、僕の意見としては、

「数字を盛り込んでも、大して変わんないんじゃね説」があり、頻繁に使うことはありませんでした。

 

今回は、「数字の力」がどれだけキャッチコピーに威力をもたらすのかを実験してみました(`・ω・´)ゞ

 

✔︎このサイトでは、こんな感じで「デザインやクリエイティブにまつわる色んな説」を検証しています。

毎週水曜日に結果を発表するので、興味のある人はぜひブックマークを(`・ω・´)ゞ

 

1:【疑問】そもそも、キャッチコピーの作り方ってどうやるの?

ビジネスマン

 

キャッチコピーの効果的な作り方は、下記の5つです。

 

1:得になる情報を盛り込む。

2:新情報を盛り込む。

3:好奇心をくすぐる。

4:手軽さ盛り込む。

5:信憑性を盛り込む。

 

こんなかんじ。

 

キャッチコピー界では割と有名なテクニックで、その効果は僕も実感しています。

 

具体的な使い方は、ちょっと長くなるので下記の記事にまとめています。

お時間のあるときに、どうぞ(`・ω・´)ゞ

 

【フレーズが浮かばない原因】科学的に証明されたキャッチコピー の作り方を解説。

 

2:【検証】数字を利用したキャッチコピーの作り方は、本当に効果があるのか調べてみた。

女性とパソコン

 

さて、今回の本題です。

 

本当に、「キャッチコピーに数字を盛り込めば効果がアップするのか」を検証しました(`・ω・´)ゞ

 

デザイン

 

【デザインのコツ。からのおねがい!】

検証方法や結果は、個人レベルで行ったものなので、論文ほどの信ぴょう性はないかもです。

少し偏った見方や検証内容もあると思うので、その際はメッセージなどでアドバイスをくれるとうれしいです!

 

半分くらいはエンタメ気分でご覧ください(`・ω・´)ゞ

 

そして、検証方法は、下記のとおり。

 

✔︎方法1:このサイトで公開している記事の「タイトル」を、下記のとおり変更。

変更前↓

webサイト

 

変更後↓

webサイト

 

変更前に比べ、「50万円」という数字が、よりリアルになりました。

 

✔︎方法2:タイトルを変更して、1ヶ月間放置。

✔︎方法3:Google Analyticsweb分析ツール)を使い、クリックされた多さを比較する。

 

こんなかんじ。

 

記事のタイトルを変更したのが818日なので、約1ヶ月スパンで計測していきます。

その結果は、こちら。

 

✔︎結果:数字の効果はあったのか?

 

結果は、下記のとおり。

 

・変更前の1ヶ月間(717日~818日)

ページビュー数:71

・変更後の1ヶ月間(819日~920日)

ページビュー数:72

 

誤差→1

 

ω・`)。。。

 

ほぼ変わりませんでした。

わりと本当の計測結果だったので、差がほとんどないことに驚きました。

 

測定画面はこんなかんじ。

 

webサイト

 

webサイト

 

たまたまだとしても、差がなさすぎですよね。

この段階では、説 失敗かもと思いました。

 

✔︎もう一度、冷静に分析してみた。

 

一瞬焦りましたが、もう一度冷静に分析するため、事実を箇条書きであげてみました。

 

1:タイトルを変える前と後では、ページビュー数(クリック数)に差はなかった。

2:タイトル変更後、検索結果が「2ページから1ページ目」に上昇していた。

4:タイトル変更前は、1ヶ月ごとにページビュー数(クリック数)が上昇していた。

5:タイトル変更後に、急にクリック数が横ばいになった。

 

こんなかんじ。

 

これを元に、もう一度分析してみました。

 

✔︎結論:キャッチコピーに数字を入れると、人に与える影響力が高まる!

 

すみません。

今回おこなう検証の本質は、「クリック数」ではなく、

「数字が人にどれだけ影響を及ぼすのか」を見るべきでした。

 

結論、「キャッチコピーに数字を入れると、人に与える影響力は高まる」ということが分かりました。

 

そう答えを導き出した理由も、シンプル。

 

・記事の内容が鮮明になったため、他サイトと比較されやすくなった。

・結果、ページビュー数に差がでなかった。

 

こんなかんじ。

 

例えば、下の画像はGoogleで実際に検索した画面です。

周囲には「稼ぐ方法」がゴロゴロころがっています。

 

webサイト

 

今回タイトルを変更したのは、「50万円稼ぐ方法」です。

しかしこれだと、周りの「5001,000万円稼ぐ方法」よりもインパクトが減ってしまい、ページビュー数が上昇しなかったんだと思います。

 

その証拠に、変更後は記事が読まれやすい「1ページ目」まで上昇したにも関わらず、クリック数が上昇していません。

 

過去のページビュー数は下記のかんじ。

 

615日~716日→ページビュー数:46

513日~614日→ページビュー数:17

411日~512日→ページビュー数:14

39日~410日→ページビュー数:25

 

最後に、まとめます。

 

✔︎説のまとめ

 

今回だした、まとめはこう。

 

・数字は、その媒体(チラシ・広告・今回だと記事)に書かれている内容の「特徴やメリット」を、読者に伝えやすくする。

・伝わりやすくなった結果、人を行動に移させやすくする。

・ただし、数字は他社と比較されやすくなるから、注意も必要。

 

こんなかんじ。

 

数字を使うメリットは、効果を高めるというよりも、

「伝わりやすさの精度が上がる」ということが分かりました(`・ω・´)ゞ

 

この結論であれば、わりと腑に落ちました。

 

もし今、デザイナーやビジネスマンの方で、「集客ができない!」と悩んでいる方は、数字を正しく使うことで悩みが解消されるかもです。

 

デザイン

 

ぜひお試しを!

 

3:【テク】数字を利用した、キャッチコピーの作り方を解説。

女性

 

数字を利用したキャッチコピーの作り方とコツは、下記の2つ。

 

・できるだけ具体的な数字を盛り込む。

・盛り込む数字が他社より劣る場合は、注意する。

 

くわしく解説します。

 

キャッチコピーの作り方1:できるだけ具体的な数字を盛り込む。

 

できるだけ具体的な数字を盛り込むことで、キャッチコピーの効果が高まります。

 

理由もシンプル。

 

・見る側に、より伝わりやすくなるから。

 

今回の実験でも分かりましたが、数字は見る側により内容を伝えやすくします。

そのため、より具体的な数字にした方が、効果を高めることができます。

 

ちなみに、「みんなのコピー」さんというサイトにも、数字を盛り込むメリットが詳しく書かれています。

今回検証した記事も、50万円ではなく、「515千円稼ぐ方法」とかにすればよかったですね(`・ω・´)ゞ

 

キャッチコピーの作り方2:盛り込む数字が他社より劣る場合は、注意する。

 

今回の実験でも分かりましたが、他社よりも劣る数字であれば、逆に効果を低くします。

しっかり競合他社をリサーチすることが重要ですね(`・ω・´)ゞ

 

ちなみに、数字を使った方法にプラスして、「人の心を動かすコツ」をまとめました。

お時間のある方は、どうぞ。

 

人は動かせない?今から使える、人を動かす言葉とは【数字の力編】

 

✔︎心理学を使って、デザインの質を高めよう!

 

この「デザインのコツ。」では、心理学を使ってデザインの質をアップさせる方法を、無料で公開しています。

 

ひきつづき記事をアップし続けるので、気になる方はぜひご一読を(`・ω・´)ゞ

 

【裏技】心理学を活用した、チラシのテンプレートの超活用法。

 

【人を操る心理学】ベビーフェイス効果をビジネスに活かす5つの方法を紹介。

 

5:まとめ

ジャンプ

 

というわけで、今回は以上です。

 

次回の説の検証は、10月9日(水)に公開します。

毎週水曜日はお見逃しなく!

 

Design is easy!

The following two tabs change content below.
taka
【管理人】名前:taka【生い立ち】1:新卒で、超大手の小売企業に就職 → 2:在籍中にデザインに目覚め、独学でデザインを学ぶ → 3:上京し、デザイン事務所で「武者修行」を開始 → 4:大都会を前に、圧倒的な「敗北感&挫折」と「体調不良」を味わう → 5:まわりの仲間や家族の救いで、闇から脱出 → 6:フリーデザイナーとして無事独立。 現在は、「専属契約 2社(計40万くらい)」と「単発制作 月15万円くらい」で生活中です(`・ω・´)ゞわりと、自由で、幸せな暮らしが手に入りました。

Copyright© デザインのコツ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.