デザイナーになる方法

【辞めたい!】印刷オペレーターの将来性と、デザイナーへの転職方法を紹介。

投稿日:

スーパーマン

 

印刷オペレーターからデザイナーになりたい人向け。

 

「印刷オペレーターって、将来どうなるのか不安...」

「印刷オペレーターからデザイナーに転身したい。」

「印刷オペレーターからデザイナーになる方法をおしえて!」

 

こんな悩みを解消していきます。

 

※この記事は、3分くらいで読み終わります。

読み終える頃には、「印刷オペレーターからデザイナーになる方法」が分かるはず(`・ω・´)ゞ

 

本記事の内容

1:【事実】印刷オペレーターが「辞めたい」と感じる原因とは。

2:【悲報】印刷オペレーターの「将来性」を客観的に語る。

3:【将来性】印刷オペレーターがデザイナーを目指すと「最強な理由」を解説。

4:【おすすめ】印刷オペレーターの将来性を明るくする、「デザイナーになる方法」を紹介。

 

こんにちは!takaです。

 

グラフィックデザイナー・クリエイティブディレクター歴12年。

毎月、コツコツ40〜50万くらい稼ぎつつ、フリーランスとして生きてます。

 

今回は、「印刷オペレーターからデザイナーになる方法」について。

 

最近、印刷オペレーターの方から「将来に不安をかんじる...」という声をよく耳にします。

 

僕もデザイン業界にいるので、すこしだけ理解できます。

 

ちなみに「印刷オペレーター」という仕事は、

「僕たちデザイナーが作った印刷データを、問題なく印刷できるよう調整し、きれいな仕上がりにしてくれる方々」です。

住宅業界でいうと、「家を設計する人→デザイナー」「家を建てる人→印刷オペレーター」といったかんじ。

 

そして、僕たちデザイナーが「一番感謝」しなければならない「ビジネスパートナー」です。

 

今回は、そんな印刷オペレーターの方々の将来性を語りつつ、デザイナーへの転身方法を紹介していきます。

 

少しでも、皆さんのお力になれると幸いです(`・ω・´)ゞ

 

1:印刷オペレーターが「辞めたい」と感じる原因とは。【将来性を考える】

崖

 

はじめに僕は、印刷オペレーターという仕事をしたことがありません。

なので、具体的な作業や細かい裏事情は知りません。

 

今回お話する内容は、僕が実際に「本機校正で印刷現場にへの立会いや見学」をしたり、

実際に「印刷所の営業マンから聞いた話」をもとに解説しています。

 

なので、もしかしたら「それ間違ってるよ!」なんて情報があるかもです。

 

しかしデザイナーから見た印刷オペレーターに対する「見解」は、わりと貴重だと思います。

 

この記事をきっかけに、印刷オペレーターがすこしでも

明るい未来に進めることを祈っています(`・ω・´)ゞ

 

すこし、話を戻します。

印刷オペレーターを「辞めたい!」と思う原因は、下記のとおりかと。

 

・「メカニックな作業」と「繊細な作業」の両方をしなければならず、しんどい。

・給料が微妙すぎる。

 

こんなかんじ。

少し解説します。

 

辞めたい原因1:「メカニックな作業」と「繊細な作業」の両方をしなければならず、しんどい。

 

印刷オペレーターの仕事は、「メカニックな作業」と「繊細な作業」の両方をこなす必要があります。

 

作業内容は、こんなかんじ。

 

・メカニックな作業→印刷機の操作/清掃/メンテナンス

・繊細な作業→発色チェック/インキ調整/データ管理

 

まったく異なる作業ですね。

 

感覚としては、「左手のスパナでネジを締めつつ、右手のマウスで図面を書く」かんじ。

 

わりとしんどいです。

 

下の動画は「新聞」の印刷オペレーターですが、なんとなく大変さが分かるはず。

 

 

印刷オペレーターは「まったく異なる作業」を同時に行う必要があるので、

しんどく感じるはず。

 

印刷オペレーターは、過酷です...

 

辞めたい原因2:給料が微妙すぎる。

 

ぶっちゃけ、印刷オペレーターはそこまで「高給どり」ではないです。

 

ちなみに日本の平均年収は「約360万円」ですが、

印刷オペレーターの年収は「約306万円」です。

差は「マイナス54万円」ほど。

 

地味にしんどい価格差です。

 

「求人ボックス」というサイトでも、詳細な金額が解説されています。

 

印刷所のポジションや役職によって年収は変わるかもですが、

平均で見ると、すこし物足りないですよね。

 

✔︎印刷オペレーターは、健康被害も少なからずある。

 

職場環境の改善が進んで減ったかもですが、

最近までは「健康被害」も報告されていました。

 

この事実は「日本印刷産業連合会」でも報告されています。

 

また、健康被害以外にも「印刷機に対するトラブル・故障の責任」を加味すると

給与に対して「あまりコスパの良い職業ではない」のかな。と思います。

 

僕たちデザイナーは、そんな印刷オペレーターに支えられながら

デザインを形にしてもらっています。

 

世の中のデザイナーは、全国の印刷オペレーターに感謝を忘れてはいけません。

 

2:【悲報】印刷オペレーターの「将来性」を客観的に語る。

狼

 

すみません。

もう少しだけネガティブなことを書きます。

 

印刷オペレーターの将来性は、下記になっていくと思います。

 

・印刷オペレーターの人員が削られて、職がなくなる。

・結果、しんどくなる。

 

悲しいですが、わりと事実だと思います。

 

人員が削られる「理由」もシンプル。

 

・そもそも、印刷業界が縮小している。

・ネット印刷が普及してきている(地方の印刷所はさらにヤバめ)

 

こんなかんじ。

すこし解説します。

 

将来性1:そもそも、印刷業界が縮小している。

 

事実として、電子書籍やwebサイトの普及で

印刷業界が縮小しています。

 

例えば、下記のようなニュースです。

 

>出版不況、歯止めかからず。14年連続のマイナス。減少幅は縮小傾向。

 

>【業界研究】印刷業界の現状・動向・課題について

 

まとめると、印刷業界は厳しめです。

 

将来性2:ネット印刷が普及してきている(地方の印刷所はさらにヤバめ)

 

今は「ネット印刷」が普及しすぎです。

 

結果、地方の印刷所はかなりしんどいはず。

しんどい理由もシンプル。

 

・チラシやリーフレットなどの通常印刷なら、ネット印刷が圧倒的に安い。

 

こんなかんじ。

 

特殊加工が不要なら、ネット印刷はコスパ最強です。

 

特に「地方の印刷所」の場合、ステッカー・活版・UVといった「特殊加工」をほどこす機械を持ってない企業が多いです。

そのため、通常印刷だけではネットに勝てなくなり、結果オワコン。という流れになっています。

 

 

以上が、印刷オペレーターの「将来性が危うい」原因です。

次の項では、印刷オペレーターが進むべき「未来」を解説します。

 

3:【将来性】印刷オペレーターが進むべき「未来」を語る。

スーパーマン

 

ここからは、明るい話をします。

 

印刷オペレーターが進むべき道は、

下記の2つかな。と思います。

 

1:デザインを学び、フリーの「グラフィックデザイナー」兼「webデザイナー」になる。

2:デザインを学び、両方できる「スーパー印刷オペレーター」になる。

 

こんなかんじ。

 

結論から言うと、「デザインができる印刷オペレーターは最強」です。

 

詳しく解説します。

 

おすすめの将来性1:デザインを学び、フリーの「グラフィックデザイナー」兼「webデザイナー」になる。

 

フリーのグラフィックデザイナー兼、webデザイナーへの転身がおすすめです。

 

理由もシンプル。

 

・フリーランスデザイナーは、紙とwebの両方ができると稼げる。

・印刷オペレーターは、グラフィックデザイナーになるために必要なノルマが「4割くらい」終了している。

・グラフィックデザイナーになるために割く時間分、webデザインの勉強にあてられる。

・結果、グラフィックデザイナー兼webデザイナーを目指せる。

 

こんなかんじ。

すこし深掘りしていきます。

 

理由1:フリーランスデザイナーは、紙とwebの両方ができると稼げる。

 

事実として、稼げます。

 

この事実は下記の記事でも紹介しており、実体験済みです。

 

【月収50万円達成】デザインで稼ぐ事は不可能?副業・独学でもできる稼ぐコツ。

 

余談ですが、二刀流だと「地方」が稼ぎやすいです。

この話は、今月公開する記事で別途紹介します。

 

理由2:印刷オペレーターは、グラフィックデザイナーになるために必要なノルマが「4割くらい」終了している。

 

印刷オペレーターは、グラフィックデザイナーになるに必要なノルマを「4割くらい」終了しています。

 

ちなみにデザイナーになるために必要なノルマは、下記のとおり。

 

・デザインソフトの操作習得。

・印刷物の知識取得。

・デザインの基礎を学ぶ。

・良質なデザインを見まくって、センスを磨く。

・実際に作ってみる。

 

こんなかんじ。

 

上の2つは、ほぼ出来ますよね。

あとは下の2つを学びつつ、実戦で作ればいいだけです。

 

ちなみに僕は独学でデザインを学び、デザイン事務所に就職→フリーで独立。という経歴です。

なので、わりと信憑性はあるはず(`・ω・´)ゞ

 

理由3:グラフィックデザイナーになるために割く時間分、webデザインの勉強にあてられる。

 

先で紹介したとおり、「デザインソフトの操作」と「印刷物の知識」は習得してるはず。

 

なので、近道した時間分、webデザインを学べばOKです。

 

ちなみに紙ベースのデザインができると、webデザインの習得は早いです。

事実、僕は紙媒体からデザインを始めましたが、webは半年くらいでさまになりました。

 

理由4:結果、グラフィックデザイナー兼、webデザイナーを目指せる。

 

まとめると、印刷オペレーターは「デザインに片足を突っ込んで近道している」分、

両方を目指せばいいと思います。

 

印刷オペレーターには、意外な事実かもしれません。

 

おすすめの将来性2:デザインを学び、両方できる「スーパー印刷オペレーター」になる。

 

今の印刷会社に勤めつつ、デザインとオペレーターの両方ができる人財になればOKです。

 

特に、地方の印刷所では「最強」になれます。

 

最強になれる理由もシンプル。

 

・特に地方の印刷所ほど、デザインとオペレーターの両方をできる人財を欲している。

・デザインとオペレーターの両方ができる人財は、レア。

 

こんなかんじ。

 

地方の印刷所でなくても、デザインとオペレーターの両方をできる人財は最強です。

 

✔︎事実、デザインとオペレーターの両方ができる人財は「最強」すぎる。

 

記事の冒頭で、「地方の印刷所はオワコン」と言いました。

 

そして、すこし視点を変えて欲しいのですが、

印刷所はデザイナーやオペレーターに対して、どう思っているでしょう。

 

答えは、下記のかんじです。

 

・ネット印刷に取られて、受注が落ちてやばい

・利益を確保せねば

・経営セオリーから言うと、人件費をカットするのが楽だな。

・デザイナーとオペレーターどっちを減らそう

・どっちもできるやつが欲しい!

 

こんなかんじ。

 

印刷所の経営者たちは、高い確率で思ってるはず。

 

✔︎僕を担当してる「印刷所の営業マン」も、同じことを言ってました。

 

僕は今、東京から引っ込んで、田舎の地方暮らしをしています。

 

そして、いつもお世話になっている印刷所の営業マンから、同様のことを言われました。

 

客観的に考えればわかりますが、

印刷所が人材を切るなら、「デザイナー→オペレーター」の順ですよね。

 

最悪、デザイナーはいなくても外注すればいいですし。

 

しかし、オペレーターはそうはいきません。

 

理由もシンプル。

 

・印刷オペレーターはだれにでも出来ない。

・一人前になるのに時間がかかる。

 

つまり、会社からすると印刷オペレーターは「会社の宝」なので、簡単に切れないんですよね。

 

✔︎最強の理由の1つに、印刷知識の多さは「アイデアの素」になるケースが多い。

 

事実、印刷知識が多いと、デザインのアイデアが出やすいケースがあります。

 

下記の記事でも紹介していますが、

DMとかだとアイデアの素になりやすいです。

 

DMのデザインアイデアの発想法を解説【アイデアが出ない原因も説明】

 

客観的に考えれば分かりますが、

印刷物とデザインって、ワンセットですよね。

 

両方の知識を身につけると、デザイナーとして最強なのがわかるはず。

 

まとめると、デザインができる印刷オペレーターは、世の中全体が欲しています。

そして、印刷物の知識が多いということは、一般のデザイナーよりもはるかに高い「推進力」をもっています。

 

結論、最強なんです。

 

4:【おすすめ】印刷オペレーターの将来性を明るくする、「デザイナーになる方法」を紹介。

サーファー

 

最後に、デザイナーになる方法を紹介します。

 

将来性を明るくする方法1:印刷オペレーターがグラフィックデザイナーになる方法。

 

なり方は、下記の手順をふめばOKです。

 

1:デザインの基礎を学ぶ。

2:プロのデザインをトレースして、正確に表現できるまで練習する。

3:実際に作って、クラウドソーシングで応募しまくる。

4:自信がついたら、デザイン事務所に転職すればOK。

 

こんなかんじ。

 

印刷オペレーターだと、この手順がおすすめです。

 

✔︎はじめに、すこし僕の独学時代の話をします。

 

僕は就職したてのころ、「事務系サラリーマン」でした。

そしてデザインに目覚め、「独学→デザイン事務所に転職→フリーランス」の流れでデザイナーになりました。

 

僕が独学していたころは「ガラケー時代」でして、独学でデザイナーになる情報は一切ありませんでした。

 

そんな環境で独学していると、次のような不安が出てきました。

 

・どうやったら、プロデザイナーみたいな「かっこいいデザイン」を作れるんだろう

・どの知識を身につければ、デザイナーになれるの?

・自分が勉強していることは、実戦で役にたつのかな

 

この3つが、ずっと不安でしかたありませんでした。

 

そして、この記事を読んでいる「デザイナーになりたい人」も、

上記のような悩みを抱えているのかな。と思っています。

 

プロのデザイナーになった今、過去の自分にアドバイスするなら

下記のことアドバイスします。

 

・どうやったら、プロデザイナーみたいな「かっこいいデザイン」を作れるんだろう

デザインの基礎を学べば、かっこいいデザインは作れるよ。

 

・どの知識を身につければ、デザイナーになれるの?

→プロのデザインをトレースして、正確に表現できるまで練習してみよう。

 できなかった表現が、プロになるために「足りてない部分」だよ。

 

・自分が勉強していることは、実戦で役にたつのかな

→たぶん、プロの現場では通じないはず。それは独学だから仕方ない部分。

 だからこそ、実際に作って、クライアントに提案してみようよ!

 

こんなかんじ。

 

僕が独学からデザイン業界に飛び込んでわかった、事実です。

 

上記を踏まえると、デザイナーになるには下記の流れがおすすめです。

 

1:デザインの基礎を学ぶ。

2:プロのデザインをトレースして、正確に表現できるまで練習する。

3:実際に作って、クラウドソーシングに応募しまくる。

 

こんなかんじ。

 

さらに深掘りして解説します。

 

✔︎手順1:デザインの基礎を学ぶ。

 

かっこいいデザインを作りたいなら、デザインの基礎を学ぶのがおすすめです。

 

理由もシンプル。

 

・かっこいいデザインは、デザインの基礎で成り立っているから。

 

特に重要な基礎は、下記の2つです。

 

・文字組みの基礎

・余白の取り方の基礎

 

この2つさえクリアすれば、自然とかっこいいデザインは作れるようになります。

 

✔︎どうやって基礎を学べばいいの?

 

基本的に「デザインの基礎」と書かれている本で学べばOKです。

事実、僕は本ですべてを学びました(`・ω・´)ゞ

 

✔︎「本を買ったけど分からなかった...」という方のために。

 

今、「文字組みと余白の基礎」をまとめたnoteを制作中です。

もともとデザイン初心者だった人間が解説するので、わりと分かりやすいと思います。

 

✔︎noteの配布について。

 

今後は980円くらいの価格で配布する予定ですが、

11月30日(土)までに、僕宛に「何かしらの相談メール」をしていただいた方には「無料」で配布します。

 

なので、

これまでメールをいただいた複数名の読者さん・相談者さんには、

必ず無料で配布します(`・ω・´)ゞ

たぶん、ご自身のことだとわかるはず(笑

 

配布まで、もう少しだけお待ちください…!

 

これを読めば、かっこいいデザインが、勝手にできるようになるはず。

 

✔︎手順2:プロのデザインをトレースして、正確に表現できるまで練習する。

 

ぶっちゃけ、デザイナーなら「このスキルを身につけるべき!」というノルマは、

あってないようなものです。

 

そして、「このデザイナーさんみたいな作品を作りたい!」と思う作品をトレースすれば、

自然と、自分が目指すデザイナーのスキルは身につきます。

 

独学からデザイン業界に飛び込んで知れた、

わりと確かな事実です。

 

✔︎手順3:実際に作って、クラウドソーシングに応募しまくる。

 

ある程度トレースしまくったら、クラウドソーシングに応募しましょう。

 

独学からプロの現場に飛び込む手取り早い方法は、

実際にデザインしてみて、クライアントに提案することです。

 

実際僕は、独学時代にロゴマークを作り、クラウドソーシングで提案しまくって力をつけました。

 

たぶん、案件数でいうと100件は軽く超えてたと思います。

(ロゴの数に言うと200以上かも)

 

今の時代はデザイン事務所に入る前に「クラウドソーシングで腕試ししやすい環境」になったので、どんどん応募して腕を磨くことをおすすめします。

 

はじめはほとんど制約しないかもですが、採用された作品に対して、自分に足りなかったものを分析し続けることで、きちんとスキルは身につきます。

 

✔︎手順4:自信がついたら、デザイン事務所に転職してもOK。

 

上記の手順を経て、自信がついたらデザイン事務所に転職してもいいかもです。

 

もともと「印刷オペレーター」の実績はあるので、完全なデザイン初心者よりも需要はあるはず。

 

ちなみに、フリーのデザイナーになって稼ぎたい方は、次回の記事でその詳細を公開します。

次回の記事タイトルは、こんなかんじ。

 

フリーランスデザイナーとして仕事を受注するのに必要な、必須スキルを紹介。【実体験済み】

 

公開までいましばらくお待ちください(`・ω・´)ゞ

 

将来性を明るくする方法2:印刷オペレーターがwebデザイナーになる方法。

 

webデザイナーになる方法は、下記の記事でも紹介しています。

下記の記事以外にも紹介しているので、ぜひご一読を。

 

また、より詳細に知りたい方は、別途メッセージでお待ちしています。

 

メッセージ

 

【学習時間が短いと失敗する】独学でwebデザイナーになる方法を紹介

 

4:まとめ

スーパーマン

 

というわけで、今回は以上です。

 

最初はすこしネガティブなことを書きましたが、印刷オペレーターの将来性は明るいと思います。

 

今、印刷オペレーターの仕事に不安を感じている方は、

「今の技術一本で、人生を歩もうとしている」のも原因かもです。

 

そして、今回みたいに自分の仕事に不安を抱えている人って、

かなり多いと思います。

 

その不安を拭い去る方法は、

「日々ビジネススキルを高め、自分のやれることを広げていくこと」す。

 

印刷オペレーターだけでなく、

世の中のビジネスマン全員に言えることですよね。

 

「デザインのコツ。」では、これからも少しでもみなさんに有益な情報を無料で発信し、

人生を楽しく歩めるサポートをしたいと考えています。

 

悩みはメッセージでも受け付けているので、ぜひお気軽にご相談くださいね(`・ω・´)ゞ

 

Design is easy!

The following two tabs change content below.
taka
【管理人】名前:taka【生い立ち】1:新卒で、超大手の小売企業に就職 → 2:在籍中にデザインに目覚め、独学でデザインを学ぶ → 3:上京し、デザイン事務所で「武者修行」を開始 → 4:大都会を前に、圧倒的な「敗北感&挫折」と「体調不良」を味わう → 5:まわりの仲間や家族の救いで、闇から脱出 → 6:フリーデザイナーとして無事独立。 現在は、「専属契約 2社(計40万くらい)」と「単発制作 月15万円くらい」で生活中です(`・ω・´)ゞわりと、自由で、幸せな暮らしが手に入りました。

Copyright© デザインのコツ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.