貧乏デザイナーから脱出

【落とし穴注意!】フリーランスのwebデザイナーになるには?必要なスキルを解説。

投稿日:2019年11月25日 更新日:

企業の社長

 

デザイナーになって稼ぐのに必要な「スキル」を知りたい人向け。

 

「フリーランスのwebデザイナーになるメリット・デメリットって何?」

「フリーランスの年収と月収が知りたい。」

「フリーランスで稼ぐのに必要なスキルを教えてほしい」

「あわよくば、稼ぐコツが知りたい...」

 

こんな疑問を解消していきます。

 

今回の記事は、「グラフィックデザイナー」と「webデザイナー」の双方で通じます。

タイトルはwebデザイナーになってますが、ご安心を(`・ω・´)ゞ

 

※この記事は、3分くらいで読み終わります。

読み終える頃には、「フリーランスで稼ぐのに必要なスキル」を理解できるはず。

 

本記事の内容

1:フリーランスのwebデザイナーの「メリットとデメリット」を解説。

2:フリーランスのwebデザイナーがもらう、「年収と月収」を紹介。

3:フリーランスのwebデザイナーになるのに、「必要なスキルが分からない原因」とは。

4:フリーランスのwebデザイナーになって稼ぐための、「必須スキル」を紹介。

5:フリーランスのwebデザイナーになって「25万以上稼ぐコツ」を解説。

 

こんにちは!takaです。

 

グラフィックデザイナー・クリエイティブディレクター歴12年。

毎月コツコツ40〜50万くらい稼ぎつつ、フリーランスとして生きてます。

 

今回は、「フリーランスで稼ぐのに必要なスキル」について。

 

これからデザイナー・フリーランスになりたい方は、わりと知りたい情報かと。

 

ちなみに僕は独学でデザインを学び、デザイン事務所に就職→フリーで独立。という経歴です。

そして、独学期間中はずっと下記が疑問でした。

 

・「デザイナーとして稼げるようになるには、どんなスキルを身につければいいんだろう...」

 

わりと長い間悩んでました。

 

例えば他のwebサイトとかだと、必須スキルはこんな風に書かれています。

 

・グラフィックデザインの知識。

・UI /UXの設計スキル。

・コーディングのスキル。

・マネジメント能力。

・webデザイン系の技能検定資格。

・マーケティングの知識。

・SEOのスキル。

・ビジネススキル。

・ライティングスキル。

・ブランディングスキル。

・etc...

 

めっちゃ多いです。

 

そして事実、「すべて必要」です。

僕の記事の中でも、「すべて必要」と断言しています。

 

✔︎じゃあ、全部のスキルを身につけないと稼げないのか?

 

そう思いますよね。

 

今日は先にネタバレします。

 

今回の記事で伝えたいことは、下記の5つです。

 

・フリーランスで稼ぐことは、「ロールプレイングゲーム」に似ている。

超重要▶︎最初のうちは、自分の倒せる敵を倒して、徐々に難しい敵にチャレンジすること。

・15〜25万円を稼ぎたいなら、かっこいいデザインを作れるようになろう。

・15〜25万円を稼ぎたいなら、ヒアリング力とライティング力を身につけよう。

・25万以上を稼ぎたいなら、「+α」を身につけよう。

 

こんなかんじ。

すこしだけお付き合いください(`・ω・´)ゞ

 

1:【基礎知識】フリーランスのwebデザイナーになるには?メリットとデメリットを解説。

ハイタッチするビジネスマン

 

はじめに、「メリットとデメリット」を話します。

 

現実1:フリーランスのwebデザイナーになる「デメリット」とは。

 

デメリットは、下記のとおり。

 

・良いことも悪いことも、全部自分のせいになる。

・稼げないと、少ししんどい。

・webデザインの場合、クライアントをしっかりコントロールしないと修正がしんどい。

 

こんなかんじ。

すこし深掘りします。

 

✔︎デメリット1:良いことも悪いことも、全部自分のせいになる。

 

フリーランスになると、全てが「自己責任」になります。

 

自由への代償ですね。

 

なのでフリーランスになる前は、「自責の念」という考え方を身につけておく必要があります。

まずは「自責の念」で行動しましょう。

 

✔︎デメリット2:稼げないと、少ししんどい。

 

当たり前かもですが、フリーランスになると「稼げない時期」が発生します。

 

地味にしんどいです。

 

これへの対処方法は、「フリーランスになる前に3ヶ月分くらいの給料を蓄えておく」こと。

 

3ヶ月分は「最低限の金額」なので、少しでも多く蓄えておくのがベストです。

 

ちなみに僕はフリーになってすぐ受注できるよう、

事前にクライアントに根回しをしておいたので、少しだけ危機回避できました(`・ω・´)ゞ

 

フリーランスになる前は、できるだけクライアントの確保をしておきましょう。

 

✔︎デメリット3:webデザインの場合、クライアントをしっかりコントロールしないと修正がしんどい。

 

webデザインは、紙のデザインと異なる点が「一つだけ」あります。

 

それは下記の点。

 

・出来上がって納品したものに対し、クライアントが修正依頼をしまくってくる。

 

こんなかんじ。

 

例えばwebサイトを作って納品し、3ヶ月後くらいに、

「やっぱここの文章と画像差し替えて!」と依頼してくる場合など。

 

フリーランスになると分かりますが、修正依頼ほど無駄な時間はありません。

 

なので事前に、契約書に「納品○ヶ月以降、修正は有料です」と明記する必要があります。

 

フリーランスのwebデザイナーになって失敗しがちな内容なので、ご注意を(`・ω・´)ゞ

 

現実2:フリーランスのwebデザイナーになる「メリット」とは。

 

メリットは、下記のとおり。

 

【メリット】

・色んな用事を「自由」に済ませることができる。

・給料に上限がなくなる。

・人付き合いを選べる。

 

こんなかんじ。

すこし深掘りします。

 

✔︎メリット1:色んな用事を「自由」に済ませることができる。

 

すこしマイナーな意見かもですが、感動しました。

 

例えば会社勤めだと、勤務中に下記のことはできませんよね。

 

・市役所にいく。

・病院に行く。

・歯医者に行く。

・スマホが壊れたから、携帯ショップにいく。

 

こんなかんじ。

 

デザイン事務所はできる場合もありますが、一般的企業だと「私用外出」です。

結果、病気で通院しても、給料から引かれます。

 

病気になって通院して給料がマイナスされるって、なんかツライですよね…

 

✔︎メリット2:給料に上限がなくなる。

 

お金を稼げます。

 

例えば今の給料が月20万円でも、フリーランスになれば50万くらいはわりと稼げます。

 

フリーランスなりたての頃は収入が低いかもですが、

頑張り次第で収入は増やせます。

 

フリーランスになる一番のメリットですよね。

 

✔︎メリット3:人付き合いを選べる。

 

人付き合いが苦手な人は、かなりでかいです。

 

例えば僕の場合、「なぜか怒りまくる上司」や「愚痴ばかりこぼす社員」「目が死んでいる同期」とコミュニケーションを取るのが苦痛でした。

 

客観的に見て、自分の人生に「マイナス」になる人たちです。

 

逆にフリーランスになると、肌に合わない人を「完全シャットアウト」できます。

また、ポジティブな人とだけ関係性を保てるので、

自分の人生が明るくなります。

 

自分の価値観と合う人と接するのは超重要です(`・ω・´)ゞ

 

 

以上が、フリーランスになるメリットとデメリットです。

次の項では、フリーランスがもらう「年収と月収」を紹介します。

 

2:【体験談】フリーランスのwebデザイナーにあるには?年収と月収を紹介。

お金持ちの女性

 

年収と月収の相場は、下記のとおり。

 

・月平均20〜30万円くらい。

 

一概には言えませんが、月収を公開しているwebデザイナーを見るとこれくらいのようです。

 

ここでひとつ、「稼ぎ方の注意」です。

 

それは次の点。

 

・作業をキャパオーバーしない。

・キャパオーバーが続くと、フリーランスとして終わる。

 

わりと事実です。

深掘りして解説します。

 

【注意】キャパオーバーになると、フリーランスのwebデザイナーとして終わります。

 

終わる理由も、シンプル。

 

・空き時間がなくなると、新しいスキルを学べない。

・結果、時代の波に乗れなくなって終了。

 

こんなかんじ。

 

実はフリーランスになると、「時代のニーズにあったサービスを提供する」ことが重要になります。

 

例えばインターネットが普及してwebデザインが主流になったとき、

紙のデザインしかできないデザイナーはオワコンですよね。

 

逆に、紙もデザインしつつwebデザインを勉強していた人は、

時代の流れに取り残されずに、今も生き残り続けています。

 

つまり、「時代が求めているものを、サービスとして提供できている」ということ。

 

 

話を戻しますが、キャパオーバーになると、学習時間がなくなります。

結果、新しいスキルが身につかないので、フリーランスとして終わります。

 

フリーランスになりたての頃は、「がんばって稼がなきゃ!」と思うので、

キャパオーバーしがちです。

 

が、まずは月の平均収入を「15万〜25万」に固定して、

キャパが広がってきたら「50万→100万円」と上げていけばいいと思います。

 

努力家ほど陥りがちな罠なので、ご注意を。

 

3:【疑問】フリーランスのwebデザイナーになるのには?「必要なスキルが分からない原因」とは。

悩む子供

 

本題に入る前に、必要なスキルが分からなくなる「原因」を話します。

 

わりと重要な話なので、詳しく話します。

 

 

はじめに、フリーランスのwebデザイナーとして稼ぐことは、

「ロールプレイングゲーム」と似ています。

 

例えると、下記のかんじ。

 

【ロールプレイングゲームの流れ】

・レベル1の状態で、村を出発する。

・雑魚キャラを倒す。

・レベルが上がる。

・小ボス、中ボスを倒しにいく。

・負ける。

・レベル上げをする。

・小ボス、中ボスを倒せるようになる。

・最終的にラスボスを倒す。

 

こんなかんじ。

 

これをフリーランスで稼ぐ場合にあてはめると、

下記のようになります。

 

【フリーランスにあてはめると】

・とりあえずフリーランスになる(レベル1で出発)

・今の自分のレベルで対応できる案件をこなす(雑魚キャラを倒す)

・レベルが上がる。

・中小企業の受注を取りに行く(小ボス、中ボスを倒しにいく)

・受注失敗。又は納品失敗(負ける)

・失敗した原因を探り、足りなかったスキルを学ぶ(レベル上げをする)

・中小企業案件を受注でき、こなせるようになる。(小ボス、中ボス討伐)

・大企業案件の受注(ラスボスを倒す)

 

こんなかんじ。

 

これらを踏まえて、

「必要なスキルが分からない原因」を解説します。

 

原因は、下記のとおり。

 

・いきなり「Lv100」になる方法を考えてしまっている。

・いきなり「ラスボス」を倒そうとしている。

 

こんなかんじ。

 

詳しく解説します。

 

原因1:いきなり「Lv100」になる方法を考えてしまっている。

 

多くの人がはまっている原因です。

 

この記事の冒頭でフリーランスのwebデザイナーで稼ぐには

下記のスキルが必要だと言いました。

 

・グラフィックデザインの知識。

・UI /UXの設計スキル。

・コーディングのスキル。

・マネジメント能力。

・webデザイン系の技能検定資格。

・マーケティングの知識。

・SEOのスキル。

・ビジネススキル。

・ライティングスキル。

・ブランディングスキル。

・etc…

 

必要なのは事実です。

 

ですが問題なのは、

「全部のスキルを身につけようとしている」こと。

 

僕も過去に、下記のように勘違いしてました。

 

・デザイナーになるには、幅広い知識を知る必要があるんじゃないか…

・稼ぐには、いろんな知識が必要なんじゃないか...

・独学でデザイン事務所に転職するなら、全部の知識を身につけている必要があるのでは…

・全部身につけるとか、ムリゲーじゃん!

 

こんなかんじ。

 

今あなたが「必要なスキルが分からない」と思っているなら、

全部を吸収しようとしていて、プチパニック状態になっているのかもしれません。

 

また事実として、これら全てが備わっているデザイナーはそういません。

 

稼ぎまくっている人ならコンプリートしてるかもですが、

その人を「レベル70」とするなら、

世の中のデザイナーは、全員はるか下です。

 

 

まとめると、フリーランスのデザイナーとして稼ぎたいなら、

いきなりレベル100になろうとせず、

後で解説する「フリーランスで稼ぐのに必要な、本当のスキル」を身につけておけばOKです。

 

いきなりレベル100になって始める冒険はやめましょう。

 

原因2:いきなり「ラスボス」を倒そうとしている。

 

いきなりラスボス(大企業案件)を倒そうとしているのも原因です。

 

これにハマる人の多くは、「自分はデザイナーになって稼ぎまくるぞ!」といった、野心家や努力家に多いです。

 

先ほども述べましたが、いきなりラスボスを倒そうとしても「意味なし」です。

 

理由もシンプルで、見たことのないラスボスの倒し方なんて、誰にも分からないですよね。

 

ロールプレイングゲームでも、最初は自分で倒せる雑魚キャラを倒しつつ、

ある程度レベルが上がったら、ボスの倒し方が視野に入るはず。

 

なので、今の段階ではラスボス(大企業案件)を倒そうするのは意味なしです。

 

原因3:まとめると、目の前の雑魚キャラを倒しつつ、レベルアップしていけばOKです。

 

ここまで読んだ方は、こんな風に思うはず。

 

「そうか、レベル100やラスボスは一旦あきらめよう。」

「じゃあレベル1の基準って、いったいなんなのさ!」

 

こんなかんじ。

 

次の項では、記事の本題である「必要なスキル」を紹介します。

つまり、村を出発する「レベル1」の基準です。

 

次項につづきます(`・ω・´)ゞ

 

4:【事実】フリーランスwebデザイナーになるには?稼ぐための「必須スキル」を紹介。

戦う戦士

 

「必要なスキル」と「レベル1で出来ること」は、下記のとおり。

 

【レベル1で出来ること】

✔︎毎月15万〜25万円くらい稼げる。

 

【稼ぐのに必要なスキル】

✔︎かっこいいwebデザインを作ることができる。

 →デザインの基礎を学べばOK。

 

✔︎情報をまとめる力を身につける。

 →コピーライティング、ヒアリング能力を学べばOK。

 

こんなかんじ。

 

まとめると、レベル1になれば、毎月15万〜25万円は稼げます。

 

詳しく解説します。

 

必須スキル1:かっこいいwebデザインを作れる。

 

かっこいいデザインを作れると、稼げます。

理由もシンプル。

 

・受注金額が15万〜25万円規模のクライアントは、中身よりもデザイン性を求める傾向にある。

・結果、かっこいいデザインを作れば、わりと受注しやすい。

 

さらに裏話すると、「地方の企業」や「個人店舗」がおすすめです。

 

理由もシンプルです。

 

例えば、「地方の企業や個人店舗」は、デザイン力が微妙なデザイナーが「格安のやっつけ仕事」でwebサイトやチラシを作っている場合が多いです。

つまり、現状の見た目がダサいです。

 

なので、とりあえず「かっこいいデザイン」が提案できれば受注しやすくなります。

 

✔︎かっこいいデザインを作るには、デザインの基礎を学ぶのがベスト。

 

かっこいいデザインを作りたいなら、デザインの基礎を学ぶのがおすすめです。

 

理由は下記のとおり。

 

・かっこいいデザインは、デザインの基礎で成り立っているから。

 

特に重要な基礎は、下記の2つです。

 

・文字組みの基礎

・余白の取り方の基礎

 

この2つさえクリアすれば、かっこいいデザインは作れます。

 

✔︎どうやって基礎を学べばいい?

 

「デザインの基礎」と書かれている本で学べばOKです。

事実、僕は本ですべてを学びました。

 

✔︎「本を買ったけど分からなかった...」という方のために。

 

今、「文字組みと余白の基礎」をまとめたnoteを制作中です。

もともとデザイン初心者だった人間が解説するので、わりと分かりやすいと思います。

 

✔︎配布時期について。

 

今後は980円くらいの価格で配布する予定ですが、

11月30日(土)までに、「何かしらの相談メール」をしていただいた方には「無料」で配布します。

 

なので、これまでメールをいただいた複数名の読者さん・相談者さんには、必ず無料で配布します(`・ω・´)ゞ

 

配布まで、もう少しだけお待ちください。

 

相談のメールはこちらからどうぞ。

 

メッセージ

 

必須スキル2:情報をまとめる力を身につける。

 

情報をまとめる力は、「ヒアリング能力」と「コピーライティング力」を学ぶことで身につきます。

 

具体的には、下記を目安に身につけるとOKです。

 

・ヒアリング力を身につける。

→相手がどんなことを要望しているか・悩んでいるのかを、聞き出すことができる。

 

・コピーライティング力を身につける。

→相手の想いや自分の考えを文章で表現し、まとめることができる。

 

こんなかんじ。

さらに具体的に話します。

 

✔︎世の中の貧乏デザイナーは、ヒアリング能力とライティング力が欠けている。

 

例えばwebサイトを作る場合、下記の流れでサイトを作るようになります。

 

1:クライアントへヒアリングする。

2:ヒアリング内容をもとに、サイトの原稿を書く。

3:webサイトに必要な素材(ロゴや写真)を収集する。

4:webサイトのデザインをする。

5:プログラマーにプログラミングを依頼する。

6:納品

 

上記だと、「3と5」は外注するのがベストです。

が、それ以外の「1、2、4」は、あなたの手で作り、進行する必要があります。

 

✔︎失敗するフリーランスデザイナーほど、1と2ができていない。

 

事実、失敗する人ほどできてません。

 

失敗する理由も、シンプル。

 

【ヒアリング力がなくて失敗する理由】

・デザインは、クライアントの問題を解決するためにある。

・その問題点は「アイデアの素」になる。

・ヒアリングができていないと、問題点が抽出できない。

・結果、クライアントの満足いくデザインができず、オワコン。

 

【ライティング力がなくて失敗する理由】

・デザインする場合、クライアントの想いや企業コンセプトをまとめる作業が発生する。

・また、コンセプトをまとめ上げることができないと、案件の司会進行ができない。

・司会進行ができないと、自分で仕事を受注できない。

・結果、満足に仕事がもらえず、オワコン。

 

こんなかんじ。

 

逆に言うと、この2つができているデザイナーほど、稼げています。

 

 

ちょっと話が長くなったので、「ヒアリング力」と「ライティング力」を身につける方法は、来月の記事で解説します(`・ω・´)ゞ

 

4:【お金】フリーランスのwebデザイナーになるには?「25万以上稼ぐコツ」を解説。

仕事をするデザイナー

 

25万円以上稼ぐコツは、下記のとおり。

 

・ちょっと手こずる敵を倒し続ける。

・かっこいいデザイン+αを出来るようになる。

 

こんなかんじ。

詳しく解説します。

 

稼ぐコツ1:ちょっと手こずる敵を倒し続ける。

 

冒頭でも述べましたが、フリーランスは「日々スキルアップ」しないとオワコンになります。

 

なので、日々のスキルアップが重要です。

 

✔︎敵の難易度を前回より少し難易度上げれば、勝手にレベルアップできる。

 

前回受注した難易度よりも、少しだけ難しいことにチャレンジしましょう。

 

冒頭で話した「ロールプレイングゲーム」だと、下記の4つの流れを意識すればOKです。

 

・中小企業の受注を取りに行く(小ボス、中ボスを倒しにいく)

・受注失敗。又は納品失敗(負ける)

・失敗した原因を探り、足りなかったスキルを学ぶ(レベル上げをする)

・中小企業案件を受注でき、こなせるようになる。(小ボス、中ボス討伐)

 

つまり、「チヤレンジ→失敗→勉強→成功」を繰り返せば、

いずれラスボスまでたどり着きます。

 

まさに「ロールプレイングゲーム」ですね(`・ω・´)ゞ

 

稼ぐコツ2:かっこいいデザイン+αを出来るようになる。

 

これが、再重要です。

 

+αの部分は、下記を参考に身につければOKです。

 

・UI /UXの設計スキル。

・コーディングのスキル。

・マーケティングの知識。

・SEOのスキル。

・ブランディングスキル。

 

身に着けるタイミングは上記で解説した「少し難易度の高い敵を倒すタイミング」でOKです。

 

つまり、その敵を倒せる武器から身に着けるといいです。

 

例えばブランディングがキーポイントになる敵ならそれを学べばいいですし、

SEOがカギなら、SEOを学べばOKです。

 

上記の身につけ方は来月の記事で紹介します。

定期的に記事をチェックしていただけると、うれしいです(`・ω・´)ゞ

 

5:まとめ

赤ちゃん

 

というわけで、今回は以上です。

 

話が長くなったので、最後にまとめます。

 

・フリーランスで稼ぐことは、「ロールプレイングゲーム」に似ている。

超重要▶︎最初のうちは、自分の倒せる敵を倒して、徐々に難しい敵にチャレンジすること。

・15〜25万円を稼ぎたいなら、かっこいいデザインを作れるようになろう。

・15〜25万円を稼ぎたいなら、ヒアリング力とライティング力を身につけよう。

・25万以上を稼ぎたいなら、「+α」を身につけよう。

 

こんなかんじ。

 

まずはかっこいいデザインを作れるようになって「お金を稼ぐ土台」を作り、

必要なスキルはその都度補充していけばOKです。

 

「デザインのコツ。」では、これからも少しでもみなさんに有益な情報を無料で発信し、

人生を楽しく歩めるサポートをしたいと考えています。

 

悩みはメッセージでも受け付けているので、ぜひお気軽にご相談くださいね(`・ω・´)ゞ

 

Design is easy!

The following two tabs change content below.
taka
【管理人】名前:taka【生い立ち】1:新卒で、超大手の小売企業に就職 → 2:在籍中にデザインに目覚め、独学でデザインを学ぶ → 3:上京し、デザイン事務所で「武者修行」を開始 → 4:大都会を前に、圧倒的な「敗北感&挫折」と「体調不良」を味わう → 5:まわりの仲間や家族の救いで、闇から脱出 → 6:フリーデザイナーとして無事独立。 現在は、「専属契約 2社(計40万くらい)」と「単発制作 月15万円くらい」で生活中です(`・ω・´)ゞわりと、自由で、幸せな暮らしが手に入りました。

Copyright© デザインのコツ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.