BOOK

【新人さん向け】新人デザイナーが読むべき5つの本を紹介【重要なのはデザイン以外の知識】

更新日:

 

 

デザイナーという職業に不安を感じている、新人デザイナーさん向け。

 

「デザイナーになったけど、今後も食べていけるか不安」

「デザイン以外に、何を勉強すればいいか分からない」

「とにかくスキルアップしたい」

 

こんな疑問を解消していきます。

 

※この記事は、3分くらいで読み終わります。

読み終える頃には、まわりの新人デザイナーよりも「少しだけ賢くなれる」はず(`・ω・´)ゞ

 

本記事の内容

1:【起業の知識 編】新人デザイナーが読むべき5つの本とは。

2:【心理学 編】新人デザイナーが読むべき5つの本とは。

3:【商品の売り方 編】新人デザイナーが読むべき5つの本とは。

4:【ブランディング 編】新人デザイナーが読むべき5つの本とは。

5:【交渉術 編】新人デザイナーが読むべき5つの本とは。

 

こんにちは!takaです。

グラフィックデザイナー・クリエイティブディレクター歴12年。

毎月30万〜50万の収入を、コツコツ稼ぎつつ生きています。

 

また、今のLINE@のお友だち登録数は、402人で、

毎月のブログ訪問者は1万人くらいです。

 

グラフ

今回のお話は、「新人デザイナーが読むべき5つの本」について。

 

今年からデザイナーになった方は、

「デザイナーになったけど、今後も食べていけるか不安」

「とにかくスキルアップしたい」

「デザイン以外に、何を勉強すればいいか分からない」

など、色んな悩みが出てきた頃だと思います。

 

僕も新人デザイナーのころは、「デザイン以外のことも勉強したほうが良いんだろうけど、何をすればいいか分からない」と悩んでました。

 

また当時は、「デザイナー = 一生食える職業」と言われていたことに疑問を感じており、

令和になった今、「いや、デザイナーって、デザイン以外のスキルも必要じゃん。」と気づきました。

 

今回は、新人デザイナーの皆さんが将来困らないための「新人デザイナーが読むべき5つの本」を紹介していきます。

 

紹介する本は、「起業・心理学・商品の売り方・ブランディング・交渉術」の5つのジャンルです。

 

デザインの基礎を勉強しつつ、読んでおくことをおすすめします(`・ω・´)ゞ

 

 

1:【起業の知識 編】新人デザイナーが読むべき5つの本とは。

男性

 

「起業の知識」を得たいなら、下記がおすすめです。

 

”カラー版 マンガでわかる 個人事業の始め方”

”糸井俊博 さん(監修)”

 

「学べること」と「おすすめする人」は、下記のかんじ。

 

【おすすめする人】

・将来、独立したい人。

・デザイナーで終わりたくない人。

・自分の給料に疑問を持っている人。

【学べること】

・個人事業主になる方法。

・自分の給料が「なぜこれくらいしかないのか」を知りたい人。

・いざとなった時に、身を守れる。

 

こんなかんじ。

マンガ形式なので、わりとスラスラ読めます。

すこし解説します。

 

 

【重要】個人事業主になる方法は、事前に知っておこう。

 

将来、独立したい方は、早めに「独立の方法」を学んでおくのをおすすめします。

理由もシンプル。

 

・土壇場で独立しようとしても、準備に時間がかかるから。

 

独立には「契約書・PC環境・資金」など、事前に準備するものがわりとあります。

なので、早い段階で必要なものを知っておけば、毎月コツコツ準備ができるので、いざ起業するときにスムーズに事が運びます。

 

 

自分の給料が「なぜこれくらいしかないのか」を知るきっかけになります。

 

当たり前すぎる話ですが、あなたのお給料は「クライアントからの案件受注費」から支給されています。

 

この本を読むと、「毎月どれくらいの金額を受注すれば生活できるのか」が理解しやすくなので、「なぜ自分の給料はこれくらいしかないのか」を知るきっかけになります。

 

結果、稼ぎたい意欲が増します。

 

 

いざとなった時に、身を守るのに役立つ。

 

例えば今は、コロナウイルスの影響でリストラが増えています。

もしあなたに「解雇通達」がくると明日からニートなので、わりとしんどくなります。

 

なので、リストラされても「自分の身は自分で守る」ために「独立する方法」は事前に知っておくべきかな。と思います。

新人デザイナーさんは自分の身を守るために、早めに読んでおきましょう(`・ω・´)ゞ

 

 

2:【心理学 編】新人デザイナーが読むべき5つの本とは。

ろうそく

 

「心理学の知識」を得たいなら、下記がおすすめです。

 

”影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか (日本語)”

”ロバート・B・チャルディーニ さん (著), 社会行動研究会  さん(翻訳)”

 

「学べること」と「おすすめする人」は、下記のかんじ。

 

【おすすめする人】

・周りから流されず、主導権を握りたい人。

・人が行動してしまう原理を知りたい人。

・人をコントロールする側に立ちたい人。

【学べること】

・人を行動させる「本能のスイッチ」を知れる。

・普段の生活で、主導権を握る方法。

・成約率をアップするコツ。

 

こんなかんじ。

本の内容を工夫して使えば、実生活でかなり使えます。

少し解説します。

 

 

人を行動させる「スイッチ」を知れます。

 

この本では、自分が動いて欲しい方向に他人を行動させる「本能的スイッチ」を知れます。

著作権の関係上、内容は詳しく書けませんが、「本能的スイッチ」とは、「困ってる人を見かけたら、勝手に体が動いて助けようとする」みたいなかんじのやつです。

 

つまり、人は何かを行動するとき、「何かに影響されて、本能的に特定の行動を取るように、DNAにインプットされている」ということです。

 

 

普段の生活で、主導権を握る方法。

 

当たり前すぎる話ですが、「人を動かすスイッチ」を学べるので、自分が主導権を握りやすくなります。

結果、普段の生活がイージーモードになりやすいです。

 

 

多くのインフルエンサーさんも読まれてます。

 

ググれば分かりますが、多くのインフルエンサーさんも読んでいる良書です。

タイトルとおり「第三版」までリニューアルされており、かなりのロングセラー商品です。

 

普段の生活や仕事で主導権を握りたい方は、読んでおくのをおすすめします。

 

 

3:【商品の売り方 編】新人デザイナーが読むべき5つの本とは。

キャッシュカード

 

「商品の売り方」を学びたいなら、下記がおすすめです。

 

”マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法”

”ちきりん  さん(著)”

 

「学べること」と「おすすめする人」は、下記のかんじ。

 

【おすすめする人】

・デザインするとき、広告を打つ商品の「PRポイント」がつかめない人。

・自分の商品を売りたい人。

・将来、コンサルをしたい人。

【学べること】

・これから何が売れるかを知れる。

・チラシなどを作るときに「PRポイント」を発見しやすくなる。

・売れない商品を分析できて、売れる商品に変えることができる。

 

こんなかんじ。

詳しく解説します。

 

 

これから何が売れるかを知れます。

 

僕はこの本を読んで、下記のことを思いました。

 

・「世の中の人って、こんな理由で商品を買うんだ。」

 

著作権の関係上、ネタバレできませんが、売れるものは「モノ」で売っていません。

 

 

チラシを作るときに「PRポイント」を発見しやすくなる。

 

この本では「これからの時代何が売れるのか」が学べるので、チラシの商品の「PRポイント」を発見しやすくなります。

 

チラシをつくる時に、「なにをPRすればいいんだろう…」と悩んでいる方は、かなりおすすめです。

 

 

売れない商品を分析できて、売れる商品に変えることができる。

 

僕は現在、「有料note|素人っぽいデザインを解消する|かんたんデザイン術。」を販売しており、この本のおかげで「分析&改良」ができました。※NOTEの売り上げは14万円くらいです。

 

これから売れる商品を知りたい方は、おすすめの一冊です。

 

 

4:【ブランディング 編】新人デザイナーが読むべき5つの本とは。

男性

 

「ブランディング」を学びたいなら、下記がおすすめです。

 

”佐藤可士和の超整理術”

”佐藤可士和 さん (著)”

 

「学べること」と「おすすめする人」は、下記のかんじ。

 

【おすすめする人】

・将来、ブランディングをしたい人。

・ロゴなどをメインにデザインしたい人。

・クリエイティブディレクターを目指したい人。

【学べること】

・ブランディングの役割と効果を知れる。

・デザインの可能性を知れる。

・デザインは「総合力である」という事実を知れる。

 

こんなかんじ。

詳しく解説します。

 

 

ブランディングの役割と効果を知れます。

 

はじめに、この本は僕の「デザイン観」を変えてくれた「聖書」です。

そう感じた理由もシンプルで、「デザインって、めっちゃ世の中をよくすることできるじゃん!」と思わせてくれたからです。

 

事実、デザインを用いた「ブランディング」は、今では会社経営やサービス提供する上でかかせないものになりました。

 

またこの本では、デザイン界の神「佐藤可士和さん」が手がけられた「ブランディング」をもとに、話が展開されていきます。

 

 

デザインの可能性を知れる。

 

新人デザイナーの方はたぶん、「デザインは見た目をよくするだけにある」みたいに思っている人が多いと思います。

ですが実際は、「デザインは世の中を良くする大きな力」を秘めています。

 

「佐藤可士和の超整理術」では、見た目を良くするだけではない、「デザインの可能性」を学ぶことができます。

 

デザインの可能性を知りたい方に、おすすめの一冊です。

 

 

5:【交渉術 編】新人デザイナーが読むべき5つの本とは。

部屋

 

「交渉術」を学びたいなら、下記がおすすめです。

 

”事実はなぜ人の意見を変えられないのか”

”ターリ・シャーロット さん(著), 上原直子 さん(著)”

 

「学べること」と「おすすめする人」は、下記のかんじ。

 

【おすすめする人】

・いつも、めっちゃ説得してるのに、説得できずに終わる人。

・なんか、うまく物ごとが進まない人。

・主導権を握りたい人。

【学べること】

・説得力がアップする。

・脳の仕組みと、それに伴う心理効果が学べる。

・デザインに活かせる「戦略的アイデア」が見つかる。

 

こんなかんじ。

これまで紹介した本の中で、「どれから読もう」と悩んでいる方は、この一冊だけでも読んだほうがいいです。

詳しく解説します。

 

 

内容は「タイトルのまんま」です。が、めっちゃ深いです。

 

本の内容はタイトルのまんまで、「事実は人の意見を変えることができない」ことと、「その理由」が多く書かれています。

一見、普通そうですが、この本はめっちゃ深いです…

 

 

【質問】例えば、こんなことありませんか?

 

例えば、正しいことを筋道立てて話しても、説得できない時ってよくありますよね。

 

結論から言うと、どれだけ筋道立てて説得しても人の意見を変えることはできません。

 

本書では、「なぜ事実が人の意見を変えることができないのか」の原因が知れて、「実際にはどうやって説得すればいいのか」を知ることができます。

 

 

【本の活用実例1】プレゼンの場合。

 

僕はプレゼンをするとき、プレゼン資料に掲載するデータを「決定権者の”思想”」とぴったり合うようにした資料を作って提案しています。

 

具体的に言うと、「webサイトは集客効果が高い」と信じている決定権者であれば、webサイトの有効性をめちゃめちゃPRした資料にするなどです。

 

結果、提案が通りやすくなって、イージーモード化しています。

 

 

【本の活用実例2】デザインを考えるとき。

 

僕はデザインを考える場合に、必ず「他人の意見」を聞くようにし、仕上がりの良し悪しを自分だけで判断しないようにしています。

そうする理由もシンプルで、「自分の作った作品は、実際の出来栄えよりもよく見えやすいから」です。(心理的バイアスがかかる)

 

こんなかんじで、この本では仕事やプライベートで活かせるテクニックを多く学べます。

人生をイージーモードにしたい方は、ぜひ読んでおきましょう。

 

 

以上が、僕がおすすめする良本です。

今は何かと自粛気味ですが、多くの人はスマホをいじったりゲームをするだけだと思います。

ですが、今のタイミングで圧倒的に勉強すれば、コロナが終息したときに、周りより圧倒的に優秀になれます。

 

今が周りに差をつける「チャンス」なので、気になる本があればぜひ読んで見てください(`・ω・´)ゞ

 

 

4:まとめ

子供

 

というわけで、今回は以上です。

 

最後に告知ですが、僕のインスタでも今回みたいな情報を随時発信しています。

皆さんの暮らしに、少しでもお役に立てればうれしいです(`・ω・´)ゞ

※下記みたいなことを紹介しています↓

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 【 “ 仕事の受注 ” を「雑談と1つの数字だけ」で、さらっと達成した本 📖】 . . 本日のおすすめ良本です🙆‍♂️ 僕はこの「シュガーマンのマーケティング30の法則」のおかげで、デザインのお仕事をさらっと受注することができました😌 . . 本の重要な部分を ぎゅっと凝縮すると、下記の3つです。 . . 1:人は、特定の刺激を与えたらその通りに動くよ。(#格闘ゲームでコマンド入力するイメージ) . 2:商品を買ってもらうには「信頼性・信憑性」が大事だよ。(#決して騙すな) . 3:商品を 大げさアピールすると、お客はドン引きするよ。(#ぜったい買ってくれない) . こんな感じです😌 . . 僕は、その内のひとつ、「No14:信憑性・信頼性の法則」を使って仕事を受注できました。(#どんな法則?) . . 分かりにくいと思うので、僕の例でお話しします。 . . 先月、新しい美容室に行ったときの話です。 行きつけの美容室が予約いっぱいで、別の美容室に行くことに。 . . 店に入るとカットが始まり、話の流れで、デザイナーであることをカミングアウトしました。(#自分でデザイナーを名乗るのって照れませんか?) . . その時のスタッフのリアクションは、「へぇー」くらいの言い方で、「もうちょいリアクションしてよ」と思ってました。 . . この時の僕は、「スキあらばどんな人でもデザイン営業する気満々」だったので、さりげなく営業トークを続けました。 . . カットも終わりに差し掛かり、「さ、髪洗ましょうか」のタイミングで、1つの数字を見せました。 . . それは、僕が運営しているブログのアクセス数で、「毎月1万人以上がアクセスしている」という、「Googleアナリティクスの集計表」でした。 . . それを見せたとたん、「マジで!?」みたいになり、そのままトークが盛り上がって、名刺のデザイン案件をさらっと受注しました。(#5000円のカット代をあげたら倍以上のお金をもらった) . . 話を戻すと、商品やサービスを売りたいなら、「信頼性・信憑性」を持たせればOKです。 . . デザインを受注する場合、お客様は「デザイナーなら、カッコよくデザインできて当たり前」と思っています。 そのため、自分が作った自信満々のおシャンなデザインを見せても、ほとんど興味をしめしません。(#カッコいいデザインはコモディティ化してきた) . . 世の中のお客様が求めてるのは、カッコいいデザインを作った「その後のこと」で、集客や売り上げにつながるデザイン提案でなければ意味がありません。 . . 僕が今回仕事を受注できた大きな理由は、「ブログで実際に1万人以上集客できている」という「高い信憑性」だったと思います。 . . 「仕事を受注したい方」や「商品やサービスの売り上げをもっと伸ばしたい方」におすすめの本なので、気になる方はぜひどうぞ😌 . . . . . 【シュガーマンのマーケティング30の法則】 . . . . . #集客#集客方法#集客アップ#集客力#集客アイデア#プログラミング#プログラミング初心者#プログラミング勉強中#プログラミング学習#集中力アップ#集中力を高める#ビジネススキル#社会人スキル#心理学#クリエイター#マルチクリエイター#クリエイティブ#グラフィティ#ストリートグラフィティ

デザインのコツ。|デザイナー taka(@taka_designtips)がシェアした投稿 -

 

他にも色んな記事を載せてるので、ぜひご活用ください(`・ω・´)ゞ

 

Design is easy!

 

 

The following two tabs change content below.
Owner|taka
designer Taka | From Japan I'm Taka from Japan, a graphic and web designer. 月間PV数1万人の「Blog | design tips」を運営しています。専属契約、インハウス、単発案件を受注しつつ、毎月30~50万稼ぎながらcreative workを楽しんでいます。

Copyright© Blog | デザインのコツ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.