TIPS

【イラストレーターのテクニック】イラレのショートカットを覚えられない「原因」と「解決方法」を紹介。

更新日:

 

アニメーション

 

イラレのショートカットを覚えられなくて、悩んでいる人向け。

 

「イラレのショートカットがなかなか覚えられなくて困ってる」

「デザインの作業スピードが遅くて、周りに迷惑をかけている」

「おすすめのショートカットを教えてほしい」

 

こんな悩みを解消していきます。

 

※この記事は、3分くらいで読み終わります。

読み終える頃には、「ショートカットを覚えるコツ」が理解できるはず(`・ω・´)ゞ

 

本記事の内容

1:イラレのショートカットを覚える意味とは。

2:イラレのショートカットが覚えられない「原因」とは。

3:作業スピードが遅い人が覚えるべき、イラレのショートカットを紹介。

4:イラレのショートカットキーをカスタマイズする方法を紹介。

5:イラレ以外に、作業スピードが遅い人が覚えるべき「mac」のショートカットを紹介。

 

こんにちは!takaです。

グラフィックデザイナー・クリエイティブディレクター歴12年。

毎月30万〜50万の収入を、コツコツ稼ぎつつ生きています。

 

また、今のLINE@のお友だち登録数は、402人で、

毎月のブログ訪問者は1万人くらいです。

 

グラフ

 

今回のお話は、「作業スピードが遅い人が覚えるべき、イラレのショートカット」について。

 

この記事を読んでいる方は、「イラレのショートカットを使って、作業スピードを上げたい!」と思っている人が多いと思います。

 

デザインしはじめの頃は「イラレの機能をカーソルを合わせて選択して」操作すると思いますが、プロに近づくにつれ、「マウスで選択する」という操作は減っていき、ショートカットを多用することになります。

 

結果、作業スピードが倍速でアップしていきます。

 

今回は、なかなか覚えづらいイラレのショートカットキーの覚え方についてレクチャーしていきます。

 

今回も、3分少々お付き合いください(`・ω・´)ゞ

 

 

1:【疑問】イラレのショートカットを覚える理由とは。

子供

 

イラレのショートカットを覚える理由は、下記のとおりです。

 

・イラレの操作時間が短縮できる。

・短縮できると、デザインの作業に時間がさける。

・結果、デザインの質がアップしやすい。

 

こんなかんじ。

イラレのショートカットを覚えると、デザインの質がアップしやすいです。

 

詳しく解説します。

 

 

【ショートカットの事実】マウスでイラレの機能を選択する行為は、一日で50分も時間を捨てています。

 

例えば、イラレの機能を、一分間で「計5個」使うとします。

1個の機能をマウスで選択すると、「約2秒」はかかるので、一分間で「5個×2秒=10秒」の作業が発生します。

 

そして、1日に5時間イラレを使うと、「合計3000秒」のタイムロスとなり、一日に約50分も捨てている計算になります。

 

控えめに言って、50分もマウス移動をしているのって、かなりの無駄ですよね。

 

 

イラレのショートカットを使えば、38分も時間が節約できます。

 

ちなみにショートカットを使うと、

1個の機能を選択するのに「約0.5秒」かかり、一分間で「5個×2秒=2.5秒」の作業が発生します。

 

そして、1日5時間イラレを使うと、38分も短い「約12分」で作業が完了する計算になります。

 

 

まとめると、イラレのショートカットを覚えよう。

 

まとめると、イラレのショートカットを使うとかなり時間を節約できて、その分、デザインに時間を割くことができます。

結果、デザインの質がアップしやすいです。

 

次の項では、「イラレのショートカットが覚えられない原因」を解説します。

 

 

2:イラレのショートカットが覚えられない「原因」と「解決方法」とは。

夕焼け

 

イラレのショートカットが覚えられない「原因」は、下記のとおり。

 

・1日で全部覚えようとしているから。

 

こんなかんじ。

ショートカットを覚えられない人は、1日で全部覚えようとしている人が多いです。

 

くわしく解説します。

 

 

【原因】イラレのショートカットが覚えられない「原因」は、1日で全部覚えようとしているから。

 

ショートカットが覚えられない原因は、その日でマスターしようとしているからです。

 

例えば、ショートカットがなかなか覚えられない人は、「ショートカットを覚える = 頭で暗記する」みたいに考えています。

 

ですがこれは間違いで、正しくは「ショートカットを覚える = 指に覚えさせる」です。

 

つまり、「何度も反復練習し、頭じゃなくて、体に覚えさせるイメージ」です。

 

 

イラレのショートカットを覚えるのは、「自転車に乗る間隔」に近いです。

 

例えば自転車って、何も考えずに乗れますよね。

 

「まずはハンドルを握って、サドルに座って、それから...」みたいに考える人はいないと思います。

 

考えなくても出来るのは、「何度も反復練習をして、操作方法を体が覚えたから」だと思います。

 

つまり、ショートカットを覚えるのも、自転車と同じで、まずは実際に1個だけショートカットを使ってみて、それを反復練習するのが、一番学習効率が高いです。

 

イラレのショートカットを覚えたいなら、「まずは、1日1個に絞ってそのショートカットを1日中かかさず使ってみる」のをおすすめします(`・ω・´)ゞ

 

 

3:作業スピードが遅い人が覚えるべき、イラレのショートカットを紹介。

パソコン

 

まず覚えるべきショートカットは、下記のとおりです。

 

【イラレのショートカット1:ツールバー 編】

【ツールバー 編】

・選択ツール:V

・ダイレクト選択ツール:A

・ペンツール:P

・スポイトツール:I

・文字ツール:T

・長方形ツール:M

・楕円ツール:L

・手のひらツール:H

・ズームツール:Z

 

【イラレのショートカット2:オブジェクト、レイヤー関連 編】

【オブジェクト、レイヤー関連 編】

・非表示:Command+3

・変形の繰り返し:Command+D

・線と塗りの切り替え:Shift+X

・オブジェクトをロック:Command+2

・オブジェクトのロックの解除:Command+Option+2

・新規レイヤー作成:Command+L

・アンカーポイントの追加:Shift + +

・アンカーポイントの削除:-

・グループ化:Command+G

・重ね順を前面にする:Command+[

・重ね順を背面にする:Command+]

 

【イラレのショートカット3:画面表示、設定 編】

【画面表示、設定 編】

・全面へペースト:Command+F

・環境設定:Command+K

・ガイドの表示:Command+ ;

・ガイドの非表示:Command+Option+ ;

・アートボード全体を表示:Command+0

・保存:Command+S

・取り消し:Command+Z

・すべてを選択:Command+A

 

こんなかんじ。

デザイナーなら、1日に何回も使う機能をピックアップしました。

全部で30個もないので、一ヶ月あれば、確実に覚えられます。

 

 

【補足】もっと、イラレのショートカットを覚えたい方は。

 

下記のAdobe公式サイトで紹介されています。

 

>Adobe:Illustrator のデフォルトショートカットキー

 

もの足りなくなった方は、全暗記にトライしてみましょう(`・ω・´)ゞ

 

 

4:イラレのショートカットキーをカスタマイズする方法を紹介。

パソコン

 

イラレのショートカットは、自分の任意のものにカスタマイズできます。

方法は、下記のとおり。

 

手順1:イラレの「編集」→「キーボードのショートカット」

手順2:ダイアログが開く

手順3:変更したいコマンドを選択して、任意のキーを入力する。

 

これだけです。

これらの手順をわかりやすく、「UX MILK」さんのサイトで紹介されています。

詳しく知りたい方は、ぜひご参考ください。

 

 

【余談】ショートカットのカスタマイズは、あまりしないほうが吉です。

 

ショートカットはカスタマイズしてもOKですですが、あまり多くの変更しないほうが吉です。

理由もシンプル。

 

・パソコンが変わったら、カスタマイズしたショートカットは使えないから。

 

こんなかんじ。

 

当たり前すぎる話ですが、パソコンが変われば、カスタマイズしたショートカットは使えません。

結果、若干ストレスに感じます。

 

なので、あまり多くのカスタマイズはしないほうが吉だと思います。

 

 

5:イラレ以外に、作業スピードが遅い人が覚えるべき「mac」のショートカットを紹介。

女性

 

イラレと同様に、macのショートカットも覚えておくと、さらに作業効率がアップします。

僕がおすすめする、macのショートカットは、下記のとおり。

 

・コピー:Command+C

・ペースト:Command+V

・取り消す:Command+Z

・すべてを選択:Command+A

・検索:Command+F

・ウィンドウをしまう:Command+M

・新規のウィンドウやタブを開く:Command+N

・印刷:Command+P

・保存:Command+S

・閉じる:Command+W

・スクリーンショット:Command+Shift+3

・新しいフォルダを作成:Command+Shift+N

 

イラレのショートカットと、若干被りますが、最低限、これくらいは覚えておいたほうが良いです。

 

さらに詳しく知りたい方は、Appleの公式サイトで見れます。

 

>Mac のキーボードショートカット

 

もの足りなくなった方は、全暗記にトライしてみましょう(`・ω・´)ゞ

 

 

6:まとめ

ビーチ

 

というわけで、今回は以上です。

 

最後に告知ですが、僕のインスタでも今回みたいな情報を随時発信しています。

皆さんの暮らしに、少しでもお役に立てればうれしいです(`・ω・´)ゞ

※下記みたいなことを紹介しています↓

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

. . 【午前中のクリエイティブワークの生産性がアップした本📖】 . . 本日のおすすめ良本です🙆‍♂️ 僕は今デザインの仕事をしており、「BRAIN - 一流の頭脳 - 」のおかげで、午前中のクリエイティブワークの生産性が圧倒的にアップしました😌(#言い過ぎてたらごめんなさい) . . 本の重要な部分を ぎゅっと凝縮すると、下記のとおりです。 . . 1:「 集中力と創造力」をアップさせたいなら、「すごい脳みそ」を持つといいよ。 2:すごい脳みそは、誰にでも作れるよ。(#iphoneみたいにアップグレードできる) 3:「すごい脳みそ」の作り方は、“運動”することだよ。(#本の内容のすべて) . . こんなかんじ😌 . . すごい脳みそ(一流の頭脳)を作るには、「脳の側坐核(そくざかく)のドーパミンの分泌量を増やして集中力を高めること」と「脳内でBDNF(脳由来神経栄養因子)の分泌量を増やして海馬の成長を促す」などが重要になってきます。(#結果集中力や創造力が高まる) . . そして、これらを実現するカギになるのが「運動」で、一流の脳を作り上げるには、ふだんの生活の中に「いかに運動を加えるか」が重要になってきます。(#この後方法を話します) . . 🔻なので、僕は午前中に下記を実践しています✏️ . . ① 朝起床。(#朝は一番脳が冴えている状態) 🔻 ② 読書しながら30分ウォーキング。(#ここで知識をインプット#プラスダイエット効果) 🔻 ③ 12時まで、企画書づくりやデザインなどのクリエイティブワークをする。(#ウォーキング後30分から数時間の間は創造力が高まった状態になる#運動により集中力もアップした状態) . . こんなかんじ😌 . . さらに言うと、ウォーキングのときは「5本指シューズ」をはいて歩くとメカノセプターという足裏のセンサーも刺激され、ボディバランスも鍛えられます。(#過去のインスタで紹介しています) . . また、ウォーキングの時に本でインプットした情報をクリエイティブワークですぐに使えば、「インプット→アウトプット」までもセットで出来ます🙆‍♂️(#アイデアの作り方で詳しく解説します) . . つまり、ふだんの暮らしに運動を上手に組み込んであげれば、午前中だけで「①創造性アップ ②集中力アップ ③ダイエット ④読書 ⑤知識のアウトプット」まで、マルッと一気にこなすことが出来ます✅ . . 休日のときやテレワークの人は、わりと実践できると思います。 . . 気になる方はぜひお試しを😌 . . . . . 【 BRAIN - 一流の頭脳 - 】 . . . . . 集客#集客方法#集客アップ#集客力#集客アイデア#プログラミング#プログラミング初心者#プログラミング勉強中#プログラミング学習#集中力アップ#集中力を高める#ビジネススキル#社会人スキル#心理学#クリエイター#マルチクリエイター#クリエイティブ#グラフィティ#ストリートグラフィティ

デザインのコツ。|デザイナー taka(@taka_designtips)がシェアした投稿 -

 

他にも色んな記事を載せてるので、ぜひご活用ください(`・ω・´)ゞ

 

Design is easy!

 

 

The following two tabs change content below.
Owner|taka
designer Taka | From Japan I'm Taka from Japan, a graphic and web designer. 月間PV数1万人の「Blog | design tips」を運営しています。専属契約、インハウス、単発案件を受注しつつ、毎月30~50万稼ぎながらcreative workを楽しんでいます。

Copyright© Blog | デザインのコツ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.